職場定着 アーカイブ - 2ページ目 (3ページ中) - 障害者雇用ドットコム

職場定着

精神障害者が職場定着するポイント~採用時に確認しておくべきこと~

精神障害者が職場定着するポイント~採用時に確認しておくべきこと~

精神障害者の雇用は難しい・・・と感じている企業の担当者の方は少なくありません。最近では、メンタル不調の社員も増えています。社内のメンタル不調を抱える社員が身近にいたりすれば、新たに精神障害者を雇用する前に、メンタル不調の社員の対応でいっぱいかもしれません。 今回は、シダックスオフィスパートナー(シダックス株式会社の特例子会社)の精神障害者の雇用の事例から、職場定着のためのポイントを見ていきたいと思います。新たに精神障害者を雇用する際にはもちろんですが、メンタル不調の社員をサポートする上でもヒントになることも多いと感じます。...

精神障害をオープンにして働くことのメリット・デメリットとは?

精神障害をオープンにして働くことのメリット・デメリットとは?

精神障害をオープンにするとは? 精神障害は、身体障害や知的障害のように周りから障害があるとわからないことがあるので、就職するときに精神障害があることを働く職場に伝えて就職する人と伝えないで就職する人がいます。 精神障害であることを会社に伝えて就職すること、障害者雇用枠の雇用を「オープン」、逆に障害があることを伝えないで、就職することを「クローズ」といいます。...

精神障害者の職場定着は本当に難しいのか?

精神障害者の職場定着は本当に難しいのか?

障害者求人をかけると、応募者として多いのは、圧倒的に精神障害の方ばかりです。一方で、精神障害者は職場定着が難しく、退職が多いと言われていますが、本当に職場定着は難しいのでしょうか。 ここでは、精神障害者の退職状況と、離職を防ぐためにできることについて考えていきます。 精神障害者の退職状況 「平成25年度障害者雇用実態調査結果」(厚生労働省)によると、障害者の平均勤続年数は、身体障害者が10年、知的障害者7年9ヶ月に対して、精神障害者は4年3ヶ月となっていました。...

障害者雇用支援サービス

無料メルマガ【企業向け】

無料メルマガ【障害者枠で働く】

Podcast 障害者雇用相談室

障害者雇用に関する質問に関して、問題解決方法や新たな視点をお伝えしています。

音声を聞く

無料動画プレゼント