企業の障害者雇用 アーカイブ - 障害者雇用ドットコム

企業の障害者雇用

障害者と一緒に働く職場の上司や同僚の理解を得るためにできること

障害者と一緒に働く職場の上司や同僚の理解を得るためにできること

企業が障害者雇用を進めていくためには、「障害者を雇用していく」という組織で決めること、そして、実際に現場の職場で、障害のある社員を受け入れ、指導役や同僚となる一緒に働く社員の協力が必要になります。 これらができていないと、障害者の職場適応や定着することが難しく、採用しても退職に至ることが少なくありません。特に障害者と働くことがはじめての場合には、一緒に働く社員が不安に感じています。障害者を配属する前に一緒に働く上司や同僚にどのようなことを伝えておくと良いのか、理解を得るためのポイントについて見ていきます。...

障害者を雇用する場合、どんな仕事を担当してもらうとよいのか?

障害者を雇用する場合、どんな仕事を担当してもらうとよいのか?

障害者を雇用をするとき、多くの企業が悩むことの一つに、どのような仕事を障害者に担当してもらうのかという点があります。 障害者雇用するときにどのような業務を担当してもらうことが多いのか、「平成30年度障害者雇用実態調査」(厚生労働省)から解説していきます。 雇用するに当たっての課題 障害者雇用に取り組む企業が障害者を雇用するときに、課題に感じている点はどのようなことがあるのでしょうか。...

職場にいる障害者にどのように接したらよいのかわからない

職場にいる障害者にどのように接したらよいのかわからない

企業には障害者雇用促進法という、従業員の人数に合わせて一定の障害者を雇用することを求める法律があります。そのため多くの企業では、障害者雇用が進められています。 しかし、障害者雇用をしなければならないのはわかっているけれど、「実際にどのように接したらよいのかわからない」という声もよく聞きます。 職場にいる障害者にどのように接するとよいのでしょうか。 障害種別や程度が同じでも、個別の特徴はさまざま...

障害者雇用の業務切り出しがうまくいかない企業の3つの特徴

障害者雇用の業務切り出しがうまくいかない企業の3つの特徴

障害者雇用に取り組む企業が課題に感じることが多いのが、「障害者に任せる仕事がない」ということです。 障害者雇用の業務の切り出しがうまくいかない企業がやりがちな3つの失敗例を見ていきます。 業務の切り出しで、よくやりがちな失敗例 その1:障害者ができる業務を考えてしまう...

【障害者雇用相談】多数のマネジメントを一人でどのように対応する?

【障害者雇用相談】多数のマネジメントを一人でどのように対応する?

障害者雇用の現場で責任者として頑張っているAさん。一人で現場の5人の障害者のマネジメントに携わっています。しかし、業務の対応やメンタル面でのサポートが必要な社員が多く、一人ではとても対応しきれないと感じています。このような時にどのように対応したらよいのでしょうか。 障害者のマネジメントが大きな負担になっている ある企業で障害者雇用に携わっている方からの相談をいただきました。...

障害者雇用のトラブル、障害配慮を当然と考えている社員への接し方とは

障害者雇用のトラブル、障害配慮を当然と考えている社員への接し方とは

障害者雇用を行う時に、企業は障害に合わせた配慮を行う必要があります。一方で、障害者だから、配慮されるのは当然という態度を取られ、社内の雰囲気が悪くなった。どのように接したらよいのかという相談を受けることもあります。今回は、障害者雇用だから配慮されて当たり前と考えている障害者にどのように接したらよいのかを考えていきます。 障害者の合理的配慮は、すべて受け入れなければいけないのか? 障害枠で働く当事者の方から、障害者として採用されるので、自分の希望や要望は聞いてもらえて当然と感じている人に出会うことがあります。...

障害者のトラブル相談~障害者社員に気になることを注意してもよい?~

障害者のトラブル相談~障害者社員に気になることを注意してもよい?~

障害者雇用をしていると、社内でどのように対応したらよいのかと悩む場面が出てくることが少なくありません。特に、企業では合理的配慮が求められているものの、どこまでが合理的配慮なのか、どこからがわがままなのかを判断するのが難しいという声を聞くことがあります。 今回は、具体的なトラブルの例から考えてみたいと思います。 障害者の気になるところ、注意しても良い? 会社で気になることがあるものの、注意してよいのか、迷っているというケースです。...

障害者雇用が進まない、社内理解を進めるためには何をすればよい?

障害者雇用が進まない、社内理解を進めるためには何をすればよい?

障害者雇用が進まないのは、社内理解をうまく進めていないことが原因です。障害者雇用を進めるには、ステップに合わせて進めることが必要です。どんなに頑張って取り組んでも、進め方や方法が間違っていれば、うまくいくことはありません。 ここでは、社内理解を進めるためにどのようなステップを踏んでいくとよいのかについて解説していきます。 障害者雇用を進めるために必要なこととは?...

障害者雇用がうまくいかない理由とは?こんな状況だと障害者採用できても定着しない

障害者雇用がうまくいかない理由とは?こんな状況だと障害者採用できても定着しない

障害者を採用したもののすぐに退職してしまった、職場の中の雰囲気がギクシャクしている・・・など、障害者雇用に取り組んでみたものの、障害者雇用がうまくいっているとは言えない企業が多くあります。このような状況を生み出してしまう理由は、どのような点なのでしょうか。 障害者雇用がうまくいかない原因や状況には、どんなことがよく見られるのかについて、解決策をお伝えしていきます。 障害者雇用は人事部や管理部がおこなうものと社員が思っている...

企業経営と人材活用~メーカーの強みを活かすヨコオの障害者雇用の取り組み~

企業経営と人材活用~メーカーの強みを活かすヨコオの障害者雇用の取り組み~

障害者雇用に取り組む企業が抱える課題として、障害者に担当する業務が見つからない、社内の理解が進まないということが挙げられることが多くあります。しかし、車載通信、回路検査用コネクタ、電子機器用コネクタ、医療機器分野の微細精密加工メーカーの株式会社ヨコオでは、特例子会社設立を見据えたヨコオみらいサポートを今年4月に設立し、すでに仕事の依頼が多く、その要望に応えられていないほどだと言います。...

障害者雇用支援サービス

Infomation

お客様の声

【企業向け】無料動画プレゼント

 

YouTube

Podcast 障害者雇用相談室

書籍

無料メルマガ【企業向け】

無料メルマガ【障害者枠で働く】