症状 アーカイブ - 障害者雇用ドットコム

症状

精神障害者と一緒に働くストレスを感じたら、考えてみてほしいこと

精神障害者と一緒に働くストレスを感じたら、考えてみてほしいこと

障害者雇用が多くの会社で進められています。 企業には障害者雇用をすることを求める障害者雇用促進法があり、それに基づいて企業では障害者を2.3%雇用する必要があるからです。また、障害者雇用促進法の改正によって、平成30年4月から雇用率の算定に精神障害者が加わりました。 障害者雇用は、身体、知的障害と進められてきましたが、平成18年から精神障害者も障害者雇用のカウントに加えられたこと、また雇用率の算定になったことで、精神障害者の雇用が増えています。 一方で、精神障害者と一緒に働くことでストレスを感じるという声もよく聞かれます。...

【職場で一緒に働く】精神障害の特徴と接し方のポイント

【職場で一緒に働く】精神障害の特徴と接し方のポイント

精神障害は、特別な人がかかるものではなく、だれでもかかる可能性のある病気です。人間は生きていると、さまざまなストレスや困難なことにぶつかることがあります。多くの場合は、そうした状況から回復しますが、いくつもの問題が重なり合うと、心のコントロールがうまくいかずに、精神疾患になることもあります。 ここでは、障害者雇用の対象となる精神保健福祉手帳の対象となる主な精神障害の症状と特徴、接し方のポイントについて見ていきます。 精神障害者は思っているよりも身近にある?...

若年性認知症を雇用するときに活用できる支援サービスとは

若年性認知症を雇用するときに活用できる支援サービスとは

認知症は、一般的には高齢者に多くみられますが、65歳未満で発症した場合、「若年性認知症」とされます。若年性と高齢者での認知症の病理的な違いはありません。 若年性認知症の推定発症年齢の平均は51歳程度と若く、本人や家族、就労などの社会的な問題が発生しやすくなります。また、若年性認知症の症状には、直前のことを忘れてしまう記憶障害や抑うつなどがあるため、発症後の早い段階で適切な支援につなげることが重要となっています。 ここでは、若年性認知症についてや雇用事例、どのような支援機関が活用できるのかについて説明していきます。...

【統合失調症】症状や発症から回復までの経緯、働くことの大切さ

【統合失調症】症状や発症から回復までの経緯、働くことの大切さ

統合失調症について、どのようなイメージを持っていますか。普段接することのあまりない多くの方たちは、漠然と「自分たちとは違う、普通ではない人たち」といった印象を抱くことがあるようです。それは、統合失調症は、かつて精神分裂病と呼ばれていたこともあり、「なんとなく危ない病気」という間違った認識が広がってしまったことが背景にあります。 しかし、実際に統合失調症の人に会い、話してみると、そうした先入観とはまったく違っていた、自分たちと同じ普通の人だったと驚く方がほとんどです。実際に、統合失調症でも働いている人たちも多くいます。...

双極性障害の躁症状とうつ症状の特徴と周囲にもたらす影響について解説

双極性障害の躁症状とうつ症状の特徴と周囲にもたらす影響について解説

双極性障害は診断がつきにくいことも多く、専門家でも初診ではうつ病なのか双極性障害なのか、ほかの精神的な症状なのか、わからないことがあるそうです。 しかし、双極性障害かもしれないとわかったら、早く手をうつことが必要です。その理由は、この双極性障害は、家族、信用、財産を失うこともあり、影響を及ぼすものが少なくないからです。 双極性障害はどのような症状や特徴があるのか、また、周囲に及ぼす影響について見ていきます。 双極性障害とは...

統合失調症と関連のある精神疾患や統合失調症に似ている症状の病気とは

統合失調症と関連のある精神疾患や統合失調症に似ている症状の病気とは

統合失調症とうつ病や双極性障害は、同じような症状がみられることがあり、区別が難しいことがあります。また、知的障害とも何らかの関係があると考えられています。 また、脳や身体にはっきりした原因があり、統合失調症に似た精神症状が現れる場合があります。薬物による精神症状や脳の病気は統合失調症と治療方法が異なるので、区別することが大切です。 ここでは、統合失調症と関連のある精神疾患や統合失調症に似ている症状の病気について説明していきます。 うつ病や双極性障害と統合失調症との関連...

職場の統合失調症、どのように接するとよい?症状や診断について解説

職場の統合失調症、どのように接するとよい?症状や診断について解説

統合失調症の症状は、陽性症状と陰性症状があり、認知機能障害が起こります。発症の経過には大きく分けて5つの段階があり、現れる症状は個別によって異なることがあります。 企業で就職する統合失調症の方の多くは、症状が落ち着いているので就職している場合がほとんどですが、治療は長期的に続ける必要があるとされています。再発のきっかけとなるのは、服薬の中断や環境の変化によるストレスがきっかけとなることが多いようです。...

高次脳機能障害の障害者と一緒に働くときに配慮すべき点とは?

高次脳機能障害の障害者と一緒に働くときに配慮すべき点とは?

高次脳機能障害は、外見からはわかりにくく、症状は個別性が高いことが特徴です。高次脳機能障害の「高次の脳機能」とは、脳の考える機能に相当し、この人間らしさを司る部分が損傷されることによって、記憶力、注意力、感情コントロールの低下などの症状が見られるようになります。 このような症状は、周囲からも本人も見えないため、本人は自分自身に障害があるという自覚を持つことが難しく、周囲の人から誤解を受けやすくなってしまうことが生じます。...

てんかんのある障害者と一緒に働く~症状、特徴、対応方法~

てんかんのある障害者と一緒に働く~症状、特徴、対応方法~

障害者手帳をもつ人の中には、てんかんをもつ人がいます。てんかんがあっても、適切な治療を続けることで発作を抑え、安定して働き続けることが可能です。 しかし、全く知識がないと、症状がでたときに、どのように対応したらよいのかと不安になってしまいます。また、職務上のリスク管理として、発作が起こったときの対応方法や、よく起こる症状などを確認し、周囲の社員が対応などに関して知っておくと安心です。...

統合失調症の障害者と一緒に働くときに知っておきたいポイントとは?

統合失調症の障害者と一緒に働くときに知っておきたいポイントとは?

統合失調症は、以前は精神分裂病と呼ばれていた病気です。そのため病名から、精神が分裂していて何をするか分からない怖い病気といった間違った印象与え、病名そのものが差別や偏見を助長する原因となっていました。そのため2002年から統合失調症という病名に変更されています。 ここでは、統合失調症とはどのような病気なのか、雇用するときに求められる配慮について見ていきます。 統合失調症とは...

障害者雇用支援サービス

Infomation

セミナー

お客様の声

【企業向け】無料動画プレゼント

 

YouTube

Podcast 障害者雇用相談室

書籍

無料メルマガ【企業向け】

無料メルマガ【障害者枠で働く】