職場でのよい人間関係を築くための3つのポイントとは

職場でのよい人間関係を築くための3つのポイントとは

2020年03月31日 | 障害者枠で働く

障害者雇用にすぐに役立つ無料動画をプレゼント!

期間限定で障害者雇用にすぐに役立つ無料講義をプレゼントしています。ぜひお役立てください。※こちらは、無料講義となっています。料金は必要ありません。

障害者雇用でせっかく就職できても、職場での人間関係で悩む人は少なくありません。職場の中で、いい人間関係が築けていないと、ストレスがかかってしまいますし、そのストレスがひどくなると、職場での仕事にまで影響が出てくることもあります。そのため職場でのよい人間関係を築くことはとても大切です。

ここでは、職場の人間関係を構築するために必要なポイントについて見ていきます。

職場の人間関係が大事な理由

私たちのこころや体に影響を及ぼすストレスには、3つの種類があると言われています。1つ目は暑さや寒さ、騒音や混雑などの「物理的なストレス」、2つ目は公害物質、薬物、酸素欠乏・過剰、一酸化炭素などの「化学的ストレス」、そして、3つ目が人間関係や仕事上の問題、家庭の問題などの「心理・社会的ストレス」です。

一般的に、私たちが「ストレス」と言っているものの多くは、この「心理・社会的ストレス」のことを指しています。職場には仕事の量や質、対人関係をはじめ、さまざまな要因がストレスになりえますが、その中でもストレスの原因の大きな点を占めているのが「人間関係」です。

ストレスによって引き起こされる反応には、心理面、身体面、行動面の3つがあります。心理面でのストレス反応としては、抑うつ状態(気分の落ち込み、興味・関心の低下)、イライラ、不安などがあります。

身体面でのストレス反応には、頭痛、肩こり、腰痛、目の疲れ、動悸や息切れ、胃痛、食欲低下、不眠などが引き起こされ、行動面でのストレス反応には、仕事でのミスが増えたり、事故や事故に陥る行動の増加などがあげられます。

これらのストレス状態が長く続くことによって、体調が悪くなったり、仕事に集中できなくなったりすることがあります。状況が悪くなると、仕事を続けることが難しくなることもあります。ですから、職場でのよい人間関係を築くことはとても大切です。

では、職場でよい人間関係を築くためのポイントについて、見ていきましょう。

コミュニケーションを図る

人間関係を築くためにはコミュニケーションが重要です。コミュニケーションがとれない相手とは、人間関係を築くことはできないからです。

しかし、コミュニケーションとは、どのようなものなのでしょうか。

コミュニケーションは、人と関わるための、大切な手段の1つです。コミュニケーションを通して、相手のことを理解することができ、自分のことも相手に理解してもらうことができます。

つまり、コミュニケーションとは、人と人とのやり取りにおいて、お互いの意思疎通をスムーズにするための能力のことで、職場や社会、家庭の中といったあらゆる場面で、他人との人間関係をよくするスキルと言えます。

このコミュニケーションを図ることによって、信頼できる関係を築いたり、あなたのことを理解してもらいやすくすることができます。

相手の立場になって考える

よい人間関係を築くためには、相手の立場になって考えることも必要です。人には、それぞれの大切にしている価値観や基準があります。

人間は自分と考え方が合わなかったり、自分の思っていたような方法と違っていたりすると、
「あの人の考え方は違うから合わない」
「一般的な方法ではない」
などと、批判的に反応してしまいがちですが、そもそも個人の価値観は、その人のそれまでの人生や経験によって異なるものです。あなたと同じ考え方や価値観を相手に求めること自体が難しいということです。

あなたは、自分の価値観が正しいと自信を持って言えることができるでしょうか。
自分の考えていることは、他の人が同じように考えている一般的なことなのでしょうか?

そんなことはないでしょう。価値観は、ひとりひとり違うものですし、同じ人間でも変わることもあります。どれが正しいと評価することはできないのです。

ですから、相手と自分の価値観が違うということを前提にコミュニケーションを取ろうと心がけ、その相手の価値観を尊重することが大切です。

そうすることは、相手を尊重することにもつながりますし、自分自身のストレスを軽減することや、自分が今までに考えたこともないような世界や考え方を新たに見つけることができる機会にもなります。価値観が違うからこそ、新たな発見や違った視点から物事を見ることもできるようになります。

相手への思いやりを示す

不快に思われるような言動をとらない

相手に不快感を与えるような言動とは、次のようなことを指します。

・悪口を言う
・横柄な態度をとる
・無愛想に接する
・上から目線で接する
・相手と視線を合わせない
・相手の服装や持ち物をジロジロ見る
・相手のほうに体を向けずに挨拶する

「ありがとう」と言葉で伝える

何か教えてもらったり、助けてもらったりしたら、「ありがとう」と言葉で伝えるようにしてください。

「すみません」という言葉は、お礼やお願いするとき、断るときと、いろいろなところで使える便利な言葉ですが、「ありがとう」の言葉のほうが気持ちが伝わりやすいでしょう。

身だしなみ

身だしなみという「見た目」によって、人へのよい印象をつくることができます。清潔感のある服装や髪型を心掛けるようにしましょう。

相手の立場にたって話を聞く

「話し上手は聴き上手」という言葉があります。よい人間関係を築くには、まずは相手の話をしっかり聴いて、それを理解して、尊重することです。相手の話に耳を傾けることで、相手は「私を受け止めてくれている」と感じてもらうことができ、信頼度や好感度をあげることができます。

また、適度に相槌をうったり、うなずいたりすることもできるでしょう。うなずくことは、同調して、相手の気持ちに合わせることにつながります。

まとめ

ここでは、職場の人間関係を構築するために必要なポイントについて見てきました。ポイントとしてあげたことは、ごく当たり前のことだと思うかもしれません。しかし、実際にできている人は、意外と少ないものです。

特に、コミュニケーションは、ソ-シャルスキル(社会的スキル)の1つでもあり、自分自身で訓練し、身につけていくことができる能力です。なぜ、コミュニケーションが大切なのかを考えて、職場の中で自分からコミュニケーションを図るようにしてみてください。

スポンサードリンク

障害者雇用にすぐに役立つ無料動画をプレゼント!

期間限定で障害者雇用にすぐに役立つ無料講義をプレゼントしています。ぜひお役立てください。

障害者雇用オンライン講座

今までなかった障害者雇用をゼロから学べるオンライン講座の内容を是非ご覧ください。

無料メルマガ【企業向け】

無料メルマガ【障害者枠で働く】

Podcast 障害者雇用相談室

障害者雇用に関する質問に関して、問題解決方法や新たな視点をお伝えしています。

音声を聞く

無料動画プレゼント