発達障害の職場定着に欠かせないサポートと周囲の理解・協力

一見、普通の人、むしろ人に負けない優れた部分を持っている場合も多いのが、発達障害の人たちです。ただ、少し変わった言動があったり、会話がかみ合わなかったりするため、ちょっと変わっている人とみなされがちです。

発達障害の人は、脳機能の偏りの結果、多くの場合、いろいろな社会的不適応を起こしてしまうことがあります。その弱点を補ってストレスの少ない社会生活を送るためには、本人はもちろんですが、周りの人が発達障害を正しく理解することが欠かせません。

発達障害の職場定着に欠かせないサポートと周囲の理解・協力について見ていきたいと思います。

本人ががんばっても失敗してしまう挫折感が生きにくさにつながる

周りからどのように見えようと、発達障害の人たちは、弱点を解消しようと頑張っています。それでもうまくいかないことが多くあります。

もし、本人が発達障害であることを知らず、失敗は自分からの問題と思い込み、周囲からも怠け癖や努力不足のせいで少しも改善させられないと誤解したままだと、どうなるでしょうか。その結果として、うつ病や依存症などの二次障害や引きこもりにつながってしまうケースも少なくありません。

一方、発達障害の診断を受けた人は、その特性を理解した上で、弱点をどのように解消できるかを一緒に探っていくことができます。大人になって発達障害がわかった人の中には、できないことや苦手さの原因が発達障害であることがはっきりして、自分の怠けや努力不足ではないことがわかり、ホッとしたという人も多くいます。

発達障害の診断についての詳細はこちらから
↓   ↓   ↓
発達障害かもしれない・・・と思ったときの専門医の受診方法

 

では、周りの人がそれをフォローしたいと思ったら、どのようにすればよいのでしょうか。サポートしたいという気持ちはあっても、多くの人はどのように対応したらいいのかわからないという声も聞きます。

そこで、社会生活で発達障害の人が苦労しやすい場面で、周りの人が多い人をサポートするための方法や考え方を具体的に見ていきたいと思います。

発達障害の特性から生まれている弱点を知る

まず、発達障害についての正しい知識と特性から生まれている弱点を知ることが大切です。

発達障害の人は、言語能力、集中力、発想力、記憶力などが定型発達の人と少し変わっているため、理解してもらえない状況がでてきて、生きにくさを生む原因となっています。これを理解していない周りの人が見ると、誤解や無理解、偏見、先入観へとつながってしまうことが多くあります。

発達障害の理解者は、もっとも近くにいる家族やパートナーです。そして、発達障害の人の生きにくさからサポートできるのも、周りの人の理解と協力です。

社会的には、まだ発達障害について知られていないため、ほとんどの人は理解不足というのが現状です。本人が自分の弱点を理解することで、それを補う方法を見つけようとするのとともに、周りの人も理解することで、サポート方法や彼らの優れた能力に目が向くようになります。

発達障害の人たちが、社会で生きていく中で一般的な社会の中のズレの理由がわからず戸惑っていることが少なくありません。発達障害を理解した上で、ちょっと違っている視点があるとしても、敬遠しないで受け入れていくことが求められます。

 

発達障害の人が働くときに感じるストレス

社会に出る、仕事を始めるということは、環境が変化し、新しい状況になることを意味します。学生時代のときは、気の合う人とだけ付き合えばよかったかもしれませんが、社会人となると、そうもいきません。

社会人には、社会性やコミュニケーション能力が求められるからです。これは発達障害の有無にかかわらず誰にとっても同じですが、発達障害の人にとっては特に苦手とする状況が日常となっていることを周囲の人は理解する必要があります。

 

社会人になってから、仕事や人間関係で大きな悩みを持つようになったというのが発達障害の人に多いケースです。周りとの軋轢がその悩みをさらに深刻なものにしていき、二次障害などが現れると、その状況はますます悪化します。

 

周りのサポートとは、どのような弱点があるのかを発達障害の人と確認の上で、社会生活への不適応を解消する方法を考えることです。

発達障害をサポートする家族やパートナーは、その特徴を理解するとともに、発達障害の人が社会に出て働くことの大変さも理解してフォローすることを心がけましょう。

発達障害本人が社会の行き詰まりや生きにくさを克服するためには、職場だけでなく、家族などの身近な支え、医療機関等の対応、学校の理解、福祉機関などの支援が必要になります。

周りがサポートして、本人を孤立させないことが大事です。社会へ上手に橋渡しをしてあげることが必要です。

周囲のサポートと治療効果は関連する

発達障害の独特の行動や社会性のさまざまな問題から、劣等感や不安などに陥った発達障害の人にとって、確定診断を受けた後の周囲の理解やサポートは症状回復への強いフォローとなります。

サポートの取り掛かりとしては、役割分担をしましょう。得意なことは、ルールがはっきりしていること、苦手なことは集中力のいることなどのリストアップをして、不得意部分を引き受けることから始めてみましょう。

まず、発達障害とはどのようなものかを正しく理解することです。次に苦手とすることの多いコミュニケーション、ライフサイクルの自己管理等の部分をフォローできるようにルールを作ったり、メモや予定をパソコンでまとめる手助けなど行います。これは医療的な治療効果にもよい影響を与えることも多いようです。

 

発達障害の人はさまざまな治療受けて、症状を改善しようとしています。その時に周りの人のサポートがあるかないかでは、その効果も異なります。自分の特性は悪いものだと決めつけると、消極的になり殻に閉じこもってしまいがちです。本人がひとりで抱え込まないよう、周囲は孤立させないように心がけることが大切です。

まとめ

発達障害の職場定着に欠かせないサポートと周囲の理解・協力について見てきました。

まず、発達障害についての正しい知識と特性から生まれている弱点を知ることが大切です。そして、どのような弱点があるのかを発達障害の人と確認した上で、周りのサポートとして社会生活への不適応を解消する方法を考えましょう。

ときには、社会の行き詰まりや生きにくさを克服するために、職場だけでなく、家族などの身近な支え、医療機関等の対応、学校の理解、福祉機関などの支援が必要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です