設立

特例子会社は障害者雇用に役立つのか~制度や仕組み、メリット・デメリットについて考える~

特例子会社は障害者雇用に役立つのか~制度や仕組み、メリット・デメリットについて考える~

特例子会社とは、どのようなものか知っていますか? 日本の障害者雇用は、「障害者の雇用の促進等に関する法律(障害者雇用促進法)」に基づいて行われています。この法律の中では、障害者法定雇用率が定められており、事業主には身体障害者・知的障害者・精神障害者の雇用が義務づけられています。 しかし、業種や企業の規模、その他の状況により、障害者雇用を進めるのが難しい状況の企業も少なくありません。そのような場合に、特例子会社が設立されることがあります。 特例子会社制度のしくみ...

特例子会社を設立するときに考えたいメリットと継続的な経営・運営

特例子会社を設立するときに考えたいメリットと継続的な経営・運営

障害者の雇用義務は、個々の事業主ごとに課せられるものであり、親会社と子会社の関係にある企業であっても法人格が異なれば別々に取り扱われます。しかし、親会社が障害者の雇用に特別の配慮をした事業所等を別法人の子会社として設立し、障害者を集中的に雇用するなど一定の要件を満たし、厚生労働大臣の認定がえられれば、子会社を親会社の事業所とみなし、障害者の雇用率に含めることができます。これが特例子会社になります。...

特例子会社の設立・運営に関するQ&A~認定要件、グループ適用、業務内容など~

特例子会社の設立・運営に関するQ&A~認定要件、グループ適用、業務内容など~

障害者雇用が社会に広がるにつれて、特例子会社の設立を検討する企業も増えています。ここでは、特例子会社を設立・運営していくことを検討するときに、多くの企業で質問に感じる点についてQ&A方式で説明していきます。 特例子会社の概要について 特例子会社は全国にどれくらいあるのか 厚生労働省の発表によると、平成29年6月時点で全国に464社あります。前年度から16社増えています。現時点では、平成29年度版はまだアップされていませんが、平成28年度のものが下記から見ることができます。...

特例子会社の設立のための手順と必要な書類手続きとは

特例子会社の設立のための手順と必要な書類手続きとは

障害者雇用を促進するための1つの方法として、特例子会社を設立する企業が増えています。「平成29 年障害者雇用状況の集計結果」によると、平成29年6月1日現在で特例子会社の認定を受けている企業は464社(前年より16社増)で、雇用されている障害者の数は、29,769.0人となっています。 特例子会社を設立する際の行政手続などは、一般企業の設立とそれほど変わりません。ここでは、会社設立の手順を確認していきます。 特例子会社の設立を検討する段階で検討したい特例子会社の種類やメリットについてはこちらをご参照ください。 ↓  ↓  ↓...

特例子会社を設立することのメリット・デメリットとは

特例子会社を設立することのメリット・デメリットとは

障害者雇用率制度では、障害者の雇用は、それぞれの事業主ごとに義務づけられています。平成25年4月からは2.0%の雇用、つまり従業員50人に対して1人の障害者雇用をすることが定められています。しかし、企業によっては業種や規模などの様々な理由から、障害者雇用をすすめるのが現実的には難しい状況にある企業もあります。 特例子会社とは...

無料動画プレゼント

無料メルマガ【企業向け】

無料メルマガ【障害者枠で働く】

Podcast 障害者雇用相談室

障害者雇用に関する質問に関して、問題解決方法や新たな視点をお伝えしています。

音声を聞く

障害者雇用の無料動画