社名公表

障害者雇用の企業名公表はどのようにリスクになるのか

障害者雇用の企業名公表はどのようにリスクになるのか

民間企業では、「障害者の雇用の促進等に関する法律」(障害者雇用促進法)に定める法定雇用率を上回る障害者を雇用することが定められています。このため民間企業では、法定雇用率2.2%の障害者を雇用する義務があります。つまり従業員45.5人に対して1名の障害者雇用をおこなう必要があります。...

【中小企業の障害者雇用】障害者雇用をはじめるときのきっかけはどのようなもの?

【中小企業の障害者雇用】障害者雇用をはじめるときのきっかけはどのようなもの?

障害者雇用を始めるときには、障害者にどのような業務をさせるのか、社員にはどのように説明したらよいのか、経営層にどうやったら理解してもらえるのか・・・など、考えていかなければならない点が多く、ハードルが高いことがよくあります。 では、実際に中小企業で障害者雇用をはじめることになった企業は、どのようなきっかけで行っているのでしょうか。 中小企業で障害者雇用をはじめることになった理由のトップは?...

【平成29年度】障害者雇用の改善が見られない企業名の公表について

【平成29年度】障害者雇用の改善が見られない企業名の公表について

平成29年度における障害者の雇用の促進等に関する法律に基づく企業名公表の発表がありました。今年度は一定の改善が図られ、民間企業の該当企業はありませんでした。 企業名公表とは 「障害者の雇用の促進等に関する法律」(障害者雇用促進法)では、障害者を従業員の2%雇用することが義務づけられています。しかし、この障害者雇用が達成できていないと、行政(ハローワーク、労働局、厚生労働省等)から障害者を雇用するように指導が入ります。...

【平成28年度】障害者雇用の改善が見られない企業名の公表

【平成28年度】障害者雇用の改善が見られない企業名の公表

平成28年度における障害者の雇用の促進等に関する法律に基づく企業名公表が行われました。今年度は2社の社名公表が行われました。 企業名公表とは 「障害者の雇用の促進等に関する法律」(障害者雇用促進法)では、障害者を従業員の2%雇用することが義務づけられています。しかし、この障害者雇用が達成できていないと、行政(ハローワーク、労働局、厚生労働省等)から障害者を雇用するように指導が入ります。...

無料メルマガ【企業向け】

無料メルマガ【障害者枠で働く】

Podcast 障害者雇用相談室

障害者雇用に関する質問に関して、問題解決方法や新たな視点をお伝えしています。

音声を聞く

人気の投稿

障害者雇用納付金制度の概要をわかりやすく解説
身体障害者手帳の取得方法や判断基準とは?
障害者雇用促進法の概要をわかりやすく解説
障害者職業能力開発校とは?~職業訓練の種類や採用・雇用の留意点~
はじめて障害者雇用に取り組む企業がおさえておくべき7つのポイント
障害学生のためのオンライン企業説明会~新型コロナ対応 21年卒、第2新卒の就職活動に~
農林水産省が農福連携等応援コンソーシアムを設立
【東京都・中小企業対象】障害者雇用のテレワークに活用できる事業継続緊急対策助成金とは
eラーニングで学べる精神・発達障害者しごとサポーターの内容とは
【求職者向け】ハローワークのサービスがリニューアル 「求職者マイページ」の活用方法