申請

新型コロナウイルス感染症の影響に伴う障害者雇用関連の申告・納付について

新型コロナウイルス感染症の影響に伴う障害者雇用関連の申告・納付について

新型コロナウイルス感染症の影響に伴う障害者雇用調整金・在宅就業障害者特例調整金、障害者雇用納付金の支給申請、申告・納付の特例について、独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構から発表がありました。(令和2年5月11日掲載) 障害者雇用調整金・在宅就業障害者特例調整金 障害者雇用調整金・在宅就業障害者特例調整金の支給申請期限は、予定通り5月15日(金曜)が締め切りとなります。調整金の支給を希望する場合には、期限内の支給申請書提出が必要となります。...

週20時間以下の障害者雇用のための助成金 特例給付金制度とは

週20時間以下の障害者雇用のための助成金 特例給付金制度とは

障害者雇用のカウントに関しては、今まで週20時間以上でなければ、障害者の雇用をしているとカウントができず、助成金を受けることができませんでした。しかし、近年、精神障害者の雇用が増えており、20時間未満の超短時間労働で働く人も増えています。週20時間の労働は厳しいものの、全く働けないわけではなく、ごく短時間であれば働ける人も少なくありません。 例えば、ソフトバンクでは、長時間勤務が困難な障害者が、週20時間未満で就業できる「ショートタイムワーク制度」を導入しており、それらが一定の成果をあげています。...

平成30年から新設された障害者相談窓口担当者の配置助成金の内容と申請方法

平成30年から新設された障害者相談窓口担当者の配置助成金の内容と申請方法

障害者雇用を行うときに活用できるものとして助成金があります。しかし、これらの助成金は管轄や申請場所や異なったり、制度変更があったりして、わかりにくいものも少なくありません。情報を常にキャッチアップすることが大切になってきますが、なかなかそれも大変です。 ここでは平成30年から新設された障害者相談窓口担当者の配置助成金の内容と申請方法について紹介していきます。 障害者雇用助成金とは...

企業で障害者雇用に必要な情報をお届けします(20180410)

企業で障害者雇用に必要な情報をお届けします(20180410)

おはようございます、障害者雇用ドッドコムです。 障害者雇用に関する情報をお届けします。 先週は、自閉症や発達障害に関するイベントが多く開かれました。毎年4月2日は国連が定める「世界自閉症啓発デー」、そして、4月2日から8日を発達障害啓発週間とされているためです。 4月2日は、東京タワー・ライト・イット・アップ・ブルーをはじめとして、全国各地で自閉症のテーマカラーであるブルーにする取り組みが行われました。 詳細については、こちらをご覧ください。...

統合失調症の人が活用できる支援制度~精神障害者手帳と所得補償制度~

統合失調症の人が活用できる支援制度~精神障害者手帳と所得補償制度~

統合失調症の療養生活が長くなると、経済面や生活面でさまざまな問題が生じてきます。そのような場合には、医療費や生活費、就労、自立などを支援する公的制度を上手に活用することもできます。ここでは、精神障害者手帳を取得することによって得られるサービスや優遇措置、所得補償制度について説明していきます。 精神保健障害者保健福祉手帳...

無料メルマガ【企業向け】

無料メルマガ【障害者枠で働く】

Podcast 障害者雇用相談室

障害者雇用に関する質問に関して、問題解決方法や新たな視点をお伝えしています。

音声を聞く