助成金

【新型コロナウイルス助成金】雇用調整助成金の特例措置

【新型コロナウイルス助成金】雇用調整助成金の特例措置

新型コロナウイルス感染症により影響を受ける事業主を支援するため、雇用調整助成金の特例措置の更なる拡大を今後行うことが決まりました。一斉休校の影響で教育機関、また、訪日客の受け入れ停止や外出の自粛で観光やサービス業を中心に影響が出始めています。 今回の雇用調整助成金は、雇用を継続するために、従業員を休ませながら雇用を維持した企業に支給する雇用調整助成金を拡充するものとなっています。また、助成率があがっており、非正規社員も対象にしたものとなっています。...

【東京都・中小企業対象】障害者雇用のテレワークに活用できる事業継続緊急対策助成金とは

【東京都・中小企業対象】障害者雇用のテレワークに活用できる事業継続緊急対策助成金とは

東京都では、新型コロナウイルス感染症等の拡大防止対策として、令和2年3月6日より都内企業のテレワーク環境整備を支援する助成金の募集を開始しました。都内にある中堅・中小企業に対し、テレワークの導入に必要な機器やソフトウエア等の経費を助成するものとなっています。 近年は、障害者雇用を進める方法の1つとしてテレワークの働き方が注目されています。企業にとっては雇用の選択肢が増えるとともに、障害者にとっても障害や疾病の特性等に応じて活躍できる環境を整え、その中で能力を発揮することができます。...

新型コロナウイルス感染症に関する企業への助成金などの支援

新型コロナウイルス感染症に関する企業への助成金などの支援

新型コロナウイルスの感染拡大の影響から、中小企業の倒産が全国に広がっており、資金繰りに詰まり、経営破綻に追い込まれている企業も増えています。このような状況に対応するため、経済産業省では、新型コロナウイルス感染症関連の支援策を案内しています。 資金繰り支援(貸付・保証)や新型コロナ対策補助事業、経営環境の整備などに関する情報を提供しています。...

週20時間以下の障害者雇用のための助成金 特例給付金制度とは

週20時間以下の障害者雇用のための助成金 特例給付金制度とは

障害者雇用のカウントに関しては、今まで週20時間以上でなければ、障害者の雇用をしているとカウントができず、助成金を受けることができませんでした。しかし、近年、精神障害者の雇用が増えており、20時間未満の超短時間労働で働く人も増えています。週20時間の労働は厳しいものの、全く働けないわけではなく、ごく短時間であれば働ける人も少なくありません。 例えば、ソフトバンクでは、長時間勤務が困難な障害者が、週20時間未満で就業できる「ショートタイムワーク制度」を導入しており、それらが一定の成果をあげています。...

重度障害者の通勤や職場等における支援の在り方について

重度障害者の通勤や職場等における支援の在り方について

障害者の就労支援については、福祉と労働が連携を進めながら対応してきました。しかし、通勤や職場等における支援については、現時点において十分な対応ができていないとの指摘を受けてきています。 昨年の参院選では、れいわ新選組から重度障害のある舩後靖彦、木村英子両氏が初当選したときには、国会活動は歳費を受け取る経済活動と見なされ、訪問介護サービスの対象とならずに、当面は参院の予算で対応することになりました。これで注目を集めて議論が活発化するかと思われましたが、障害福祉サービス制度自体の見直しは先送りされることになりました。...

障害者手帳を持っていない発達障害者や難病の雇用で活用できる助成金

障害者手帳を持っていない発達障害者や難病の雇用で活用できる助成金

特定求職者雇用開発助成金(発達障害者・難治性疾患患者雇用開発コース)は、発達障害者や難病の雇用を促進し、職業生活上の課題を把握することを目的とした助成金です。発達障害者または難治性疾患患者をハローワークまたは民間の職業紹介事業者等の紹介により、継続して雇用する労働者を雇い入れる事業主に対して助成するものです。...

中小企業が障害者雇用を多数雇用するときに活用したい障害者多数雇用施設設置等助成

中小企業が障害者雇用を多数雇用するときに活用したい障害者多数雇用施設設置等助成

障害者雇用が進んでいますが、中小企業の障害者雇用はなかなか厳しいのが現状です。実雇用率を見ると、従業員1,000人以上の企業では法定雇用率の2.2%をクリアした2.25%となっていますが、45.5~50人未満規模企業で1.69%、50~100人未満で1.68%、100~300人未満で1.91%、300~500人未満で1.90%、500~1,000人未満で2.05%となっています。ちなみに全体の障害者の実雇用率は2.05%でした。...

【助成金】採用時に活用したい障害者トライアル雇用の内容、手続き方法、メリットとは?

【助成金】採用時に活用したい障害者トライアル雇用の内容、手続き方法、メリットとは?

「障害者トライアル雇用」は、障害者を試行的に雇用することで、適性や能力を見極め、継続雇用のきっかけとすることを目的とした制度です。制度を活用することにより、助成金を受けることができます。平成30年4月からは、精神障害者の試行雇用に対する助成内容を拡充され、より活用しやすくなっています。...

障害者雇用における【特定求職者雇用開発助成金】とはどのような助成金か

障害者雇用における【特定求職者雇用開発助成金】とはどのような助成金か

特定求職者雇用開発助成金は、高年齢者や障害者等の就職困難者をハローワーク等の紹介により、継続して雇用する労働者(雇用保険の一般被保険者)として雇い入れる事業主に対して助成される助成金です。 一般的に障害者雇用を行なう企業でよく活用されている助成金で、【特定求職者雇用開発助成金】、略して特開金(とっかいきん)と呼ばれています。ここでは、【特定求職者雇用開発助成金】はどのような助成金なのか、助成金額、対象となる事業主、対象要件などについて説明していきます。...

【平成30年北海道胆振東部地震】障害者雇用納付金の納付猶予手続について

【平成30年北海道胆振東部地震】障害者雇用納付金の納付猶予手続について

平成30年北海道胆振東部地震により被災された皆様に心からお見舞い申し上げますとともに、一日も早い地域の復興をお祈りいたします。 平成30年北海道胆振東部地震により、被災し事業財産に損失を受けた事業者で、期限内に障害者雇用納付金を納付することが困難となった場合には、申請により一定期間その納付の猶予を受けられることが、独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構より発表されました。 対象となる事業主 (1)災害が発生した日(平成30年9月6日。以下同じ)に納付期限が到来していない障害者雇用納付金...

無料動画プレゼント

無料メルマガ【企業向け】

無料メルマガ【障害者枠で働く】

Podcast 障害者雇用相談室

障害者雇用に関する質問に関して、問題解決方法や新たな視点をお伝えしています。

音声を聞く

障害者雇用の無料動画