発達障害

発達障害の大学生は「売り手市場」でも面接でつまずくことが多い

発達障害の大学生は「売り手市場」でも面接でつまずくことが多い

大学生の就職活動は、売り手市場と言われています。「売り手」というと、どんな学生も希望のところに内定が決まりそうですが、安心して活動が遅れたり、何とかなるだろうという学生はなかなか就職が決まりません。 特に発達障害のある学生は就職が難しいケースが多く見られます。学生優位の「売り手市場」でも、就職につまずくケースが目立つからです。最近では、就職活動に臨む発達障害のある大学生を支援するために、大学がプログラムを準備したりするケースも増えてきました。...

【発達障害】ストレスのない仕事につくために活用できる就労サポートとは

【発達障害】ストレスのない仕事につくために活用できる就労サポートとは

大人の発達障害の人にとって仕事を選択するときには、定型発達の人より難しい課題があることが多くあります。ここでは、発達障害のある人が、自分に合った仕事を見つけるために活用できる方法を紹介していきます。 発達障害のある人の仕事の選択 発達障害という診断を受けたケースでは、一般的な就職活動を行ったり、仕事につくこともできますが、障害があることを周囲の人に理解してもらった上で、就職や仕事を選ぶことをも選択肢としてあります。...

発達障害の職場定着に欠かせないサポートと周囲の理解・協力

発達障害の職場定着に欠かせないサポートと周囲の理解・協力

一見、普通の人、むしろ人に負けない優れた部分を持っている場合も多いのが、発達障害の人たちです。ただ、少し変わった言動があったり、会話がかみ合わなかったりするため、ちょっと変わっている人とみなされがちです。 発達障害の人は、脳機能の偏りの結果、多くの場合、いろいろな社会的不適応を起こしてしまうことがあります。その弱点を補ってストレスの少ない社会生活を送るためには、本人はもちろんですが、周りの人が発達障害を正しく理解することが欠かせません。 発達障害の職場定着に欠かせないサポートと周囲の理解・協力について見ていきたいと思います。...

発達障害者のいる職場のヒント~仕事を円滑に進めるためのポイントとは?~

発達障害者のいる職場のヒント~仕事を円滑に進めるためのポイントとは?~

職場では、プライベート以上に対人スキルが求められます。コミュニケーションに苦手さがある発達障害の人は、このコミュニケーションで苦労することが多くあります。お互いの理解がされていないと、誤解を生じることが多く、ここでは、発達障害の人がうまく仕事をこなすために使える職場のノウハウや仕事を円滑に進めるためのコツを紹介していきます。 会社の理解を求める 発達障害の人は、職場で得意な役割を与えられればよいのですが、営業や接客といった苦手さが目立つ職種ではうまくこなせなかったり、職場に迷惑をかけてしまう可能性が出てきます。...

【発達障害】上司や同僚が知っておきたい職場のQ&A その2

【発達障害】上司や同僚が知っておきたい職場のQ&A その2

発達障害の人や発達障害の傾向がある人が職場にいると、本人も苦労していますが、実は周りの人々も、その言動や扱いをどうしたらよいものかと、戸惑っていることが少なくありません。 お互いに変に気をつかってしまうことによって、お互いに誤解や勘違いをしてしまうこともよくあります。発達障害の苦手さをどのようにサポートして、得意な分野を仕事として活かすためにはどんなことをすればよいのかを見ていきましょう。...

【発達障害】少しの工夫でより良い人間関係を築くことができるコミュニケーション術

【発達障害】少しの工夫でより良い人間関係を築くことができるコミュニケーション術

発達障害の人は、他人とのコミュニケーションが苦手なことが多いですが、その特徴を正しく理解し、ちょっとした工夫をすることで、より良い人間関係を築くことができるようになります。 ここでは、どのようなコミュニケーションをとることができるのか、見ていきます。 発達障害とコミュニケーション 発達障害にはいくつかの特性がありますが、コミュニケーションの問題は社会生活を送る上で特に大きな問題となります。周りの人との関係がうまくいかないのは、発達障害の人が気づかない理由があるからかもしれません。...

【発達障害】上司や同僚が知っておきたい職場のQ&A その1

【発達障害】上司や同僚が知っておきたい職場のQ&A その1

発達障害の人や発達障害の傾向がある人が職場にいると、本人も苦労していますが、実は周りの人々も、その言動や扱いをどうしたらよいものかと、戸惑っていることが少なくありません。 お互いに変に気をつかってしまうことによって、お互いに誤解や勘違いをしてしまうこともよくあります。発達障害の苦手さをどのようにサポートして、得意な分野を仕事として活かすためにはどんなことをすればよいのかを見ていきましょう。...

【発達障害】誤診されやすい他の精神疾患と発達障害と診断されたときの対応とは

【発達障害】誤診されやすい他の精神疾患と発達障害と診断されたときの対応とは

発達障害には誤って診断されるケースが多い精神疾患がいくつかあります。どのような病気と混同されやすいのか見ておきましょう。また、医療機関にかかり発達障害と診断されたあとにどのような受け入れていくか、対処できるのかについても説明しています。 他の精神疾患に誤診されることがある 精神医学界では、30年くらい前まで、大人に発達障害があるという認識がありませんでした。しかし、その後研究が進み、最近では発達障害が小児特有の精神疾患ではなく、成人でも見られることが知られるようになっています。...

発達障害と二次障害の関係性と治療や予防に役立つ知っておくべきこととは

発達障害と二次障害の関係性と治療や予防に役立つ知っておくべきこととは

発達障害の人はストレスから二次障害としてうつ状態になることがあります。適切な治療受け、治療の原則に従って回復に努めることが大切です。ここでは、発達障害と二次障害の関係についてや、二次障害として起こりやすい症状とその治療や予防など、知っておくと役立つ点について説明しています。 二次障害とは 発達障害の人が治療しなかったり、適切なサポートがなかったりすると、新たな障害や精神疾患を併発することがあります。これを二次障害と呼びます。うつ状態(抑うつ状態)も二次障害の1つで発達障害の人に併発しやすいことでよく知られています。...

【発達障害】注意欠陥・多動性(ADHD)の特性や困難さの感じ方

【発達障害】注意欠陥・多動性(ADHD)の特性や困難さの感じ方

注意欠陥・多動性(ADHD)の症状から、学齢期の子どもをイメージしがちですが、大人の発達障害でもこの偏りを示す人は多く見られます。この偏りの原因は、脳内の情報伝達物質の不足と考えられています。 ここでは、注意欠陥・多動性(ADHD)の特性や特性が見られる例、困難さの感じ方についてみていきます。 3つの特性に注目して診断される 注意欠陥・多動性(ADHD)は、ケアレスミスや忘れ物、なくし物を頻発する「不注意」と、思ったことをすぐに行動に移す「衝動性」、落ち着いていることができない「多動性」といった3つの発達特性があります。...

無料メルマガ【企業向け】

無料メルマガ【障害者枠で働く】

Podcast 障害者雇用相談室

障害者雇用に関する質問に関して、問題解決方法や新たな視点をお伝えしています。

音声を聞く