特性

【発達障害】注意欠陥・多動性(ADHD)の特性や困難さの感じ方

【発達障害】注意欠陥・多動性(ADHD)の特性や困難さの感じ方

注意欠陥・多動性(ADHD)の症状から、学齢期の子どもをイメージしがちですが、大人の発達障害でもこの偏りを示す人は多く見られます。この偏りの原因は、脳内の情報伝達物質の不足と考えられています。 ここでは、注意欠陥・多動性(ADHD)の特性や特性が見られる例、困難さの感じ方についてみていきます。 3つの特性に注目して診断される 注意欠陥・多動性(ADHD)は、ケアレスミスや忘れ物、なくし物を頻発する「不注意」と、思ったことをすぐに行動に移す「衝動性」、落ち着いていることができない「多動性」といった3つの発達特性があります。...

【発達障害】自閉スペクトラム症(ASD)の特性や困難さの感じ方

【発達障害】自閉スペクトラム症(ASD)の特性や困難さの感じ方

発達障害のひとつの自閉スペクトラム症(ASD)には、繰り返しを好み、独特のこだわりを持つという特性があります。三つ組の障害と呼ばれる「社会性」「コミュニケーション」「常同性特性(想像力)」の3つの特性は社会生活に困難をきたすと言われています。ここでは、どのような特性があるのか、そしてどのような困難さを感じることがあるのかについて見ていきたいと思います。 自閉スペクトラム症(ASD)の特徴...

高次脳機能障害の障害者と一緒に働くときに知っておきたいポイントとは?

高次脳機能障害の障害者と一緒に働くときに知っておきたいポイントとは?

高次脳機能障害は、外見からはわかりにくく、症状は個別性が高いことが特徴です。高次脳機能障害の「高次の脳機能」とは、脳の考える機能に相当し、この人間らしさを司る部分が損傷されることによって、記憶力、注意力、感情コントロールの低下などの症状が見られるようになります。 このような症状は、周囲からも本人も見えないため、本人は自分自身に障害があるという自覚を持つことが難しく、周囲の人から誤解を受けやすくなってしまうことが生じます。 高次脳機能障害とは...

発達障害(LD:学習障害)の障害者と一緒に働くときに知っておきたいポイントとは?

発達障害(LD:学習障害)の障害者と一緒に働くときに知っておきたいポイントとは?

発達障害(LD)は、読み書き計算など特定のことが極端に苦手な場合があります。具体的にどのような特性や苦手さがあるのかについて説明するとともに、職場でどのような状況が見られるのかについて、イメージできやすいように解説しています。加えて、職場でどのような配慮ができるのかを見ていきます。 発達障害(LD)とは LDはLearning Disorders、Learning Disabilityの略で、学習障害と呼ばれています。全体的には知的な遅れはないものの、読み書き計算など特定の課題の学習に大きな困難がある状態のことを指します。...

発達障害(ADHD:注意欠陥・多動性障害)の障害者と一緒に働くときに知っておきたいポイントとは?

発達障害(ADHD:注意欠陥・多動性障害)の障害者と一緒に働くときに知っておきたいポイントとは?

ADHD(注意欠陥・多動性障害)は、Attention Deficit/Hyperactivity Disorderの略語で、不注意、多動性、衝動性の3つの症状がみられる発達障害のことです。 ADHDの症状は年齢を重ねると症状が目立たなくなったり、軽くなる人もいます。個人差はあるものの、一般的に大人のADHDは、子どものころと比べて多動性が弱まり、不注意が目立つ傾向にあるようです。具体的にADHDの特性や職場で行える配慮について見ていきましょう。 ADHD(注意欠陥・多動性障害)とは...

発達障害(自閉症スペクトラム)の障害者と一緒に働くときに知っておきたいポイントとは?

発達障害(自閉症スペクトラム)の障害者と一緒に働くときに知っておきたいポイントとは?

発達障害にはいくつかの種類がありますが、その1つである自閉症スペクトラムは先天的な脳機能障害として、自閉症やアスペルガー症候群のカテゴリーの中に含まれています。 ここでは、自閉症スペクトラムの特性や雇用について、職場で行える配慮について説明しています。 発達障害(自閉症スペクトラム)とは 発達障害の自閉症スペクトラムASDは”Autism Spectrum Disorder (Disability)”...

無料メルマガ【企業向け】

無料メルマガ【障害者枠で働く】

Podcast 障害者雇用相談室

障害者雇用に関する質問に関して、問題解決方法や新たな視点をお伝えしています。

音声を聞く