治療

障害者雇用に関わる人事担当者が知っておきたいHIV(免疫機能障害者)の現状

障害者雇用に関わる人事担当者が知っておきたいHIV(免疫機能障害者)の現状

現在、日本には約2万人のHIV陽性者が暮らしていると言われています。そして、そのほとんどが服薬等で体調を維持しながら、健康な人と同じように働いています。 HIV感染者は、身体障害(内部障害)としての認定を受けることができ、実際にほとんどの陽性者が障害者認定を受けているそうです。障害者認定を受けることで、自立支援医療などの福祉制度を利用することができ、医療費の個人負担を軽減することができます。また、障害者雇用枠で働くHIV陽性者も増えています。...

【統合失調症】症状や発症から回復までの経緯、働くことの大切さについて

【統合失調症】症状や発症から回復までの経緯、働くことの大切さについて

統合失調症について、どのようなイメージを持っていますか。普段接することのあまりない多くの方たちは、漠然と「自分たちとは違う、普通ではない人たち」といった印象を抱いているかもしれません。統合失調症は、かつて精神分裂病と呼ばれていたこともあり、「なんとなく危ない病気」という間違った認識が広がってしまったことが背景にあります。...

双極性障害の治療が難しい理由と薬物治療について

双極性障害の治療が難しい理由と薬物治療について

双極性障害は、うつ病より治療が難しいと言われています。そのように言われる理由は、双極性障害は、単極性のうつ病よりも治療が難しく、長期化する傾向にあるからです。しかし、家族や周囲の人の協力を得ながら、気長に治療続けていくことによって、よい方向に向かいます。 ここでは、双極性障害の治療が難しい理由と薬物治療について見ていきます。 双極性障害の治療が難しい理由 本人に自覚がない...

【発達障害】誤診されやすい他の精神疾患と発達障害と診断されたときの対応とは

【発達障害】誤診されやすい他の精神疾患と発達障害と診断されたときの対応とは

発達障害には誤って診断されるケースが多い精神疾患がいくつかあります。どのような病気と混同されやすいのか見ておきましょう。また、医療機関にかかり発達障害と診断されたあとにどのような受け入れていくか、対処できるのかについても説明しています。 他の精神疾患に誤診されることがある 精神医学界では、30年くらい前まで、大人に発達障害があるという認識がありませんでした。しかし、その後研究が進み、最近では発達障害が小児特有の精神疾患ではなく、成人でも見られることが知られるようになっています。...

障害者雇用担当者が知っておきたい統合失調症の服薬と副作用

障害者雇用担当者が知っておきたい統合失調症の服薬と副作用

統合失調症の治療は、薬・リハビリテーション・心理的ケアの3つを組み合わせながら進めていきます。この3つの中でも基本は薬物療法になります。薬物療法は、精神症状を改善し、再発を防ぐものです。 統合失調症の採用を考えたり、雇用をしている場合、服薬管理がきちんとできているか、副作用がどのようなものかを知っておくと、雇用管理や配慮が行いやすくなるかもしれません。 ここでは、統合失調症の服薬について、また服薬の影響としてでる副作用について見ていきます。 統合失調症の治療の基本は薬物療法...

無料メルマガ【企業向け】

無料メルマガ【障害者枠で働く】

Podcast 障害者雇用相談室

障害者雇用に関する質問に関して、問題解決方法や新たな視点をお伝えしています。

音声を聞く