職場

職場に障害のことが知らされていないときに、どのように対応すればよいか?

職場に障害のことが知らされていないときに、どのように対応すればよいか?

障害者枠で採用されているにもかかわらず、「障害に関する配慮がされない」、「一緒に働く職場の同僚が障害に関して理解を示してくれない」という意見を障害当事者からよく聞きます。 障害者雇用を続けるためには、職場の理解が必要と言われています。しかし、採用面接のときに、自分の障害特性や配慮してほしいことを伝えているにもかかわらず、管理職にしか障害について知っておらず、会社と働く現場の職場での対応に戸惑ってしまう人も少なくありません。 このようなときには、どのように対応すればよいのでしょうか。 障害者枠で採用されたはずなのに・・・...

改正障害者雇用促進法が可決2020年4月施行、職場の環境整備、職場定着が大きな課題

改正障害者雇用促進法が可決2020年4月施行、職場の環境整備、職場定着が大きな課題

中央省庁の障害者雇用水増し問題を受け、再発防止策を盛り込んだ改正障害者雇用促進法が6月7日の参院本会議において、全会一致で可決、成立しました。中央省庁や地方自治体で働く障害者の人数や状況を的確に把握するため、行政機関に対する厚生労働省の勧告規定を創設するなど監督機能を強化することになります。一部を除き、2020年4月から施行されることになります。 ここでは、今回の障害者雇用促進法の改正の背景や改正法の内容、職場の環境整備などについて見ていきます。 今回の法改正の背景...

障害への理解や配慮がないと感じる職場に就職してしまったときの対処方法

障害への理解や配慮がないと感じる職場に就職してしまったときの対処方法

障害当事者の方から多くある相談が、障害への配慮がない職場でどのように対処したたらよいのか・・・ということです。なんとか就職できたものの、上司や同僚に障害について配慮してもらえずにつらい、職場に居場所がないと感じる当事者は少なくありません。 できれば、そういう状況になる前の面接や実習段階で気づくことができることが一番良いのですが、就職してからこのような状況になったときには、どのように対処したらよいのでしょうか。 ここでは、障害への理解や配慮がない職場に就職してしまったときの対処方法について考えていきたいと思います。...

職場における高次脳機能障害者の仕事内容や配慮について、知っておきたいポイント

職場における高次脳機能障害者の仕事内容や配慮について、知っておきたいポイント

高次脳機能障害は、事故や病気で脳に損傷を受けたために、その後遺症として記憶や注意、社会的行動などの認知機能が低下した状態をいいます。高次脳機能障害は日常生活の中で現れますが、外見や少しの関わりでは障害があると見えにくいため周りの人には理解しにくい障害と言われています。 ここでは職場における高次脳機能障害者の仕事内容や配慮について、知っておきたいポイントについてお伝えしていきます。具体的な仕事内容や、どのような配慮が必要なのか、就職・復職までの一般的なプロセスについて、また相談窓口を紹介しています。...

【統合失調症】仕事内容の選び方と職場における環境・人間関係

【統合失調症】仕事内容の選び方と職場における環境・人間関係

統合失調症は、かつて精神分裂病と呼ばれていたこともあり、「なんとなく危ない病気」という間違った認識が広がってしまったこともあり、「自分たちとは違う、普通ではない人たち」といった印象を抱かれることが多くあります。しかし、実際に統合失調症の人に会い、話してみると、自分たちと同じ普通の人だったと驚く方がほとんどです。...

職場における発達障害者との接し方のポイントQ&A

職場における発達障害者との接し方のポイントQ&A

近年、発達障害への理解が社会的に認知されるようになってきました。また、働く障害者のなかで精神障害者の比率が高くなってきていますが、その中でも発達障害の割合が増えています。これからも発達障害者の雇用拡大や雇用継続はますます進むものと考えられます。 しかし、発達障害のことをあまり知らない、どのように接したらよいのか戸惑っているという声を受け入れ先の職場や部署から聞くことはよくあることです。知らないがゆえに心配になっているのであれば、正しい知識や情報を知ることが大切になります。...

職場における精神障害者との接し方のポイントQ&A

職場における精神障害者との接し方のポイントQ&A

近年、働く障害者のなかで精神障害者の比率が増えています。精神障害者の雇用が進展しており、これからも精神障害者の雇用拡大や雇用継続はますます進むものと考えられます。 しかし、精神障害者の人のことをあまり知らない、どのように接したらよいのか戸惑っているという声を受け入れ先の職場や部署から聞くことはよくあることです。知らないがゆえに心配になっているのであれば、正しい知識や情報を知ることが大切になります。...

双極性障害の人と接するときに知っておきたい「言ってほしいこと」「して欲しいこと」とは

双極性障害の人と接するときに知っておきたい「言ってほしいこと」「して欲しいこと」とは

双極性障害の人と接するときに、どのように接したらよいか悩む人は多いようです。双極性障害の人は、身近な人との関係がうまくいかずギクシャクしがちです。周囲の人は、病気についての理解不足からついつい口をだしてしまいたくなりますが、相手との関係を壊さないように、「してほしいこと」「してほしくないこと」を知っておくと、接するときに役立ちます。 「言ってほしくないこと」「してほしくないこと」 双極性障害は、躁とうつの状態があり、それぞれの状態によって対応が異なります。 双極性障害の詳細については、こちらから。 ↓  ↓  ↓...

【双極性障害】躁症状とうつ症状の特徴と周囲への影響

【双極性障害】躁症状とうつ症状の特徴と周囲への影響

双極性障害の特徴と周囲に及ぼす影響について説明しています。 双極性障害は診断がつきにくいことも多く、専門家でも初診ではうつ病なのか双極性障害なのか、ほかの精神的な症状なのか悩むことがあるそうです。しかし、双極性障害かもしれないとわかったら、早く手をうつことが必要です。 この双極性障害は、家族、信用、財産を失うこともあり、影響を及ぼすものが少なくないからです。 双極性障害とは...

発達障害者のいる職場のヒント~仕事を円滑に進めるためのポイントとは?~

発達障害者のいる職場のヒント~仕事を円滑に進めるためのポイントとは?~

職場では、プライベート以上に対人スキルが求められます。コミュニケーションに苦手さがある発達障害の人は、このコミュニケーションで苦労することが多くあります。お互いの理解がされていないと、誤解を生じることが多く、ここでは、発達障害の人がうまく仕事をこなすために使える職場のノウハウや仕事を円滑に進めるためのコツを紹介していきます。 会社の理解を求める 発達障害の人は、職場で得意な役割を与えられればよいのですが、営業や接客といった苦手さが目立つ職種ではうまくこなせなかったり、職場に迷惑をかけてしまう可能性が出てきます。...

無料メルマガ【企業向け】

無料メルマガ【障害者枠で働く】

Podcast 障害者雇用相談室

障害者雇用に関する質問に関して、問題解決方法や新たな視点をお伝えしています。

音声を聞く