職場 アーカイブ - 障害者雇用ドットコム

職場

発達障害のある社員とのコミュニケーションや対応方法とは?

発達障害のある社員とのコミュニケーションや対応方法とは?

発達障害の人は、他人とのコミュニケーションが苦手なことが多くみられます。しかし、苦手だからといっても、会社で働くとき、仕事をするときには、コミュニケーションや人間関係を築いていくことが必要になります。 障害特性を正しく理解し、対応方法を工夫をすることで、より良い人間関係やコミュニケーションを築くやすくすることができます。どのようなコミュニケーションをとるように心がけるとよいのか、事例などを通して、対応方法をお伝えします。 発達障害とコミュニケーション...

合理的配慮をわがままに捉えられていると感じた時、どうしたらよい?

合理的配慮をわがままに捉えられていると感じた時、どうしたらよい?

障害者枠で働いているのに、「職場で障害者としての配慮がされていない。」「採用の面接時に障害特性や対応してほしいことを伝えたのに、職場に伝わっていない。」と感じる人は少なくないようです。 企業では、確かに合理的配慮の提供義務があり、障害者が職場で働くにあたり何らかの支障がある場合には、その支障を改善するための措置を講ずることが義務づけられます。しかし、合理的配慮とわがままは異なります。 合理的配慮とはどのようなことを示しているのか、また合理的配慮とわがままの違い、企業に合理的配慮をいつ伝えたらよいのかなどについて見ていきます。...

精神障害に理解のない職場で、どのように働いていけばよいか

精神障害に理解のない職場で、どのように働いていけばよいか

精神障害の雇用が進んできているとは言え、精神障害者が働きやすい職場ばかりとは言えない状況も多く見られます。 一緒に働く人の中には、配慮や理解を示してくれる人もいるものの、全ての人がそのような対応をしてくれるわけではありません。合理的配慮もわがままに感じられてしまっているのではないかと感じる人もいます。 このような職場で理解がないと感じた場合、どのような気持ちや心構えで働いていけば良いのかについて考えてみたいと思います。 全ての人が理解があるわけではないことを知ろう...

合理的配慮を障害者に示せなかったときの企業のリスクとは

合理的配慮を障害者に示せなかったときの企業のリスクとは

雇用されている企業から合理的配慮が受けられず休職し、雇い止めを受けたとして、発達障害の女性が企業に対して訴訟を起こしました。 企業に求められている合理的配慮とはどのようなものなのでしょうか。また、企業では、どのように合理的配慮を示すことができるのでしょうか。 発達障害の元社員が合理的配慮を受けられなかったことで訴訟 雇用されている企業から合理的配慮が受けられず休職し、雇い止めを受けたとして、発達障害の女性が企業に対して訴訟を起こしました。...

【Withコロナ】障害者が働く職場のリスク管理~ビーアシストの事例~

【Withコロナ】障害者が働く職場のリスク管理~ビーアシストの事例~

ビーアシスト株式会社は、ブックオフコーポレーション株式会社の特例子会社として2010年に設立された会社です(現在はブックオフグループホールディングス株式会社の特例子会社)。グループの経営理念の中では、「事業活動を通じての社会への貢献」と「全従業員の物心両面の幸福の追求」が掲げられており、特例子会社でも「心の幸福」が大切にされています。...

発達障害のいる職場、どのような伝え方をすると働きやすいのか

発達障害のいる職場、どのような伝え方をすると働きやすいのか

発達障害の特性は一人ひとり異なります。また、一般的に求められている配慮や対応が難しい職場もあるでしょう。 しかし、ある程度想定される課題に対して、事前にそれぞれの職場で、どのような対応や工夫ができるのかを考えておいたり、職場のチームで、それを確認することによって、職場の受け入れ体制はぐっと変わってきます。 ここでは、どのような配慮が求められ、どのように対応することができるのかについて、考えていきます。 職場での担当者(キーパーソン)が不在になりがちなときの対応方法...

【障害者枠で働く】面接で自分の障害をどのように説明すればよい?

【障害者枠で働く】面接で自分の障害をどのように説明すればよい?

採用面接では、障害の状況やどのような配慮をしてほしいかを伝えることは、継続して働くことを考えたときに、とても大切なことです。 期限の決まっている実習では、だいたい長くても2週間程度、このくらいであれば、ちょっと厳しいかなと感じていても、なんとか無理をして乗り越えられるかもしれません。 しかし、就職するとなると、期限限定のものではなく、半年先も、1年先も、3年先も働くことになります。障害について伝えないで働き始めることもできますが、どこかで無理がでてしまい休職や、退職になってしまうことも少なくありません。...

職場の人間関係について、ほどよい距離を考える~パーソナルスペースを学ぼう~

職場の人間関係について、ほどよい距離を考える~パーソナルスペースを学ぼう~

職場の人間関係が難しいと感じている人は少なくありません。しかし、職場では仕事をするための場所で、友達づくりに行っているわけではありませんので、必要以上に考えすぎる必要はありません。 確かに、職場で一緒に仕事する人の中に、親身になって悩みを聞いてくれたり、職場以外でもコミュニケーションを図りたいと思うような人がいる場合もありますが、人間関係に深入りすることで、自分自身が疲れてしまうのでは、本末転倒です。...

職場におけるちょうどよい人間関係の距離間について考える

職場におけるちょうどよい人間関係の距離間について考える

職場における人間関係に悩む人が多くいます。 人との距離感は近すぎてもいいものではなく、遠すぎても何となく寂しいものです。お互いがちょうど良いと思える心地よい距離感を保てると、人間関係がうまくいき心苦しさを感じません。でも、ちょうどいい距離感とは、どのような距離感なのでしょうか。 ここでは、人との距離感の感じ方や、職場での距離感の保ち方について見ていきたいと思います。 人間関係がうまくいく!伝え方コミュニケーション検定 人間関係にはちょうどいい距離感がある?...

職場の上司や同僚とコミュニケーションは、なぜ大事なのか

職場の上司や同僚とコミュニケーションは、なぜ大事なのか

会社という組織で働いていると、上司や同僚とのコミュニケーションをとることは避けられません。 そのため、ちょっとコミュニケーションがうまくいかないと、「就職したものの、職場でのコミュニケーションが上手く取れない。」「どのように上司や同僚と話をしたらよいのか」と感じるかもしれません。 そのようなときに考えてほしいのが、コミュニケーションとはどのようなものなのか、そしてなぜ大事なのかという点です。この点がわかると、コミュニケ-ションを取りやすくなります。 そもそもコミュニケーションとは何?...

障害者雇用支援サービス

Infomation

セミナー

お客様の声

【企業向け】無料動画プレゼント

 

YouTube

Podcast 障害者雇用相談室

書籍

無料メルマガ【企業向け】

無料メルマガ【障害者枠で働く】