企業 アーカイブ - 障害者雇用ドットコム

企業

企業の担当者が知っておきたい障害者差別解消法と障害者虐待防止法

企業の担当者が知っておきたい障害者差別解消法と障害者虐待防止法

障害者の差別や虐待に関する法律の中には、民間事業主が法的義務を負うものもあります。「障害者に関係する障害を理由とする差別解消の促進に関する法律」(以下、障害者差別解消法)と「障害者虐待の防止、障害者の養護者に対する支援等に関する法律」(以下、障害者虐待の防止)についての理解を深めておくことは大切です。 ここでは、障害者差別解消法と障害者虐待防止法の概要について説明していきます。 障害を理由とする差別解消の促進に関する法律(障害者差別解消法) 障害者差別解消法の概要 施行日 平成28年4月1日(平成25年6月制定) 目的...

企業が知っておくべき障害者虐待防止法の基本と対応方法

企業が知っておくべき障害者虐待防止法の基本と対応方法

障害者虐待防止法という法律をご存知でしょうか。 この障害者虐待防止法は、自分の言葉で被害を伝えることが難しかったり、自分をどのように守ることができるかを知らないために繰り返されてきた障害者に対する虐待を、これ以上起こすことのないように定められた法律です。 この障害者虐待防止法の中では、企業にも明確に責任があることが示されています。どのような責任があるのか、どのような行為が障害者虐待に当たるのかを理解することができます。また、社内で虐待防止を進める上で行えることを紹介しています。 障害者虐待防止法とは 目的...

障害者の合理的配慮、企業が知っておくべき義務とその対応

障害者の合理的配慮、企業が知っておくべき義務とその対応

平成28年4月に障害を理由とする差別解消の促進に関する法律(以下、障害者差別解消法)と改正障害者雇用促進法が施行されました。この法律では、全ての企業での雇用現場において、事業主が雇用する障害者へ合理的配慮の提供を行うことが義務化されます。 平成30年には精神障害者の雇用義務化と法定雇用率の引上げが予定されており、企業の中で障害のある方が働く動きがますます進んでいくことが予想されます。企業の中における障害者雇用を進めていくにあたり、障害者に対する差別の禁止、及び合理的配慮の提供義務について考えていきます。...

なぜ、企業は障害者雇用をしなければならないのか

なぜ、企業は障害者雇用をしなければならないのか

企業は障害者雇用をしなければならないのかという問いに、法律で決まっているから、障害者雇用納付金制度や、障害者雇用率達成指導があるからなど、ネガティブな考えから障害者雇用を進めざるを得ないと考える企業が多くあります。しかし、少し視点を変え、今の組織を活性化するきっかけや社員の仕事内容を見直す機会にすることもできます。 ここでは、障害者雇用の基本的な考え方として障害者雇用促進法、障害者納付金制度、障害者雇用率達成指導について説明したあと、障害者雇用はポジティブに考えることのできる理由について見ていきたいと思います。...

【企業向け】無料動画プレゼント

YouTube

Podcast 障害者雇用相談室

障害者雇用に関する質問に関して、問題解決方法や新たな視点をお伝えしています。

音声を聞く

障害者雇用支援サービス

無料メルマガ【企業向け】

無料メルマガ【障害者枠で働く】