配慮

eラーニングで学べる精神・発達障害者しごとサポーターの内容とは

eラーニングで学べる精神・発達障害者しごとサポーターの内容とは

企業における障害者雇用の取り組みが進む中、精神障害および発達障害者の雇用が進んでいます。しかし、精神・発達障害者の職場定着は、他の障害種別の障害者よりも職場定着が難しいと言われています。 職場定着に至らない要因はいろいろなものがありますが、障害があっても、その特性を踏まえ、希望や能力、適性に応じて活躍できることを職場でも目指していくことが望まれています。そのため職場での精神・発達障害者の理解を促進することを目的として、【精神・発達障害者しごとサポーター養成講座】が全国各地で開催されています。...

障害への理解や配慮がないと感じる職場に就職してしまったときの対処方法

障害への理解や配慮がないと感じる職場に就職してしまったときの対処方法

障害当事者の方から多くある相談が、障害への配慮がない職場でどのように対処したたらよいのか・・・ということです。なんとか就職できたものの、上司や同僚に障害について配慮してもらえずにつらい、職場に居場所がないと感じる当事者は少なくありません。 できれば、そういう状況になる前の面接や実習段階で気づくことができることが一番良いのですが、就職してからこのような状況になったときには、どのように対処したらよいのでしょうか。 ここでは、障害への理解や配慮がない職場に就職してしまったときの対処方法について考えていきたいと思います。...

職場における高次脳機能障害者の仕事内容や配慮について、知っておきたいポイント

職場における高次脳機能障害者の仕事内容や配慮について、知っておきたいポイント

高次脳機能障害は、事故や病気で脳に損傷を受けたために、その後遺症として記憶や注意、社会的行動などの認知機能が低下した状態をいいます。高次脳機能障害は日常生活の中で現れますが、外見や少しの関わりでは障害があると見えにくいため周りの人には理解しにくい障害と言われています。 ここでは職場における高次脳機能障害者の仕事内容や配慮について、知っておきたいポイントについてお伝えしていきます。具体的な仕事内容や、どのような配慮が必要なのか、就職・復職までの一般的なプロセスについて、また相談窓口を紹介しています。...

【発達障害】上司や同僚が知っておきたい職場のQ&A その2

【発達障害】上司や同僚が知っておきたい職場のQ&A その2

発達障害の人や発達障害の傾向がある人が職場にいると、本人も苦労していますが、実は周りの人々も、その言動や扱いをどうしたらよいものかと、戸惑っていることが少なくありません。 お互いに変に気をつかってしまうことによって、お互いに誤解や勘違いをしてしまうこともよくあります。発達障害の苦手さをどのようにサポートして、得意な分野を仕事として活かすためにはどんなことをすればよいのかを見ていきましょう。...

【発達障害】上司や同僚が知っておきたい職場のQ&A その1

【発達障害】上司や同僚が知っておきたい職場のQ&A その1

発達障害の人や発達障害の傾向がある人が職場にいると、本人も苦労していますが、実は周りの人々も、その言動や扱いをどうしたらよいものかと、戸惑っていることが少なくありません。 お互いに変に気をつかってしまうことによって、お互いに誤解や勘違いをしてしまうこともよくあります。発達障害の苦手さをどのようにサポートして、得意な分野を仕事として活かすためにはどんなことをすればよいのかを見ていきましょう。...

障害者を採用するときの面接・選考試験における配慮はどのようにすればよいか

障害者を採用するときの面接・選考試験における配慮はどのようにすればよいか

障害者を採用する場合、どのような方法で選考したらよいか、また選考試験における配慮について質問を受けることがあります。基本的な採用方法は、各企業で行われている方法でよいと思いますが、ここでは配慮したほうがよい点について説明していきます。 また、面接の時に確認しておきたい点も触れています。よくあるのが、面接時に聞いてよいか迷ってしまい、聞かないで採用してから「こんなはずではなかった・・・」という相談が多くあります。このようなことのないように、面接のときにもお互いにコミュニケーションを図ることがとても大切です。...

発達障害のある人への職場でのサポートのポイント

発達障害のある人への職場でのサポートのポイント

発達障害のある人が職場で発揮するためには、いくつかのポイントがあります。例えば、仕事の指示の出し方や指示内容の確認などです。ここでは、発達障害を理解した上で配慮したいこと、周囲の人はどのようなサポートをすればお互いによい関係を築くことができるのかについて見ていきます。 発達障害を理解した上で配慮したいこと 弱点のカバーで能力が活かせないか考える...

てんかんの障害者と一緒に働くときに知っておきたいポイントとは?

てんかんの障害者と一緒に働くときに知っておきたいポイントとは?

てんかんは脳の病気で、てんかん発作は、脳の神経が一時的に激しく活動することにより起こるものです。てんかんは10歳くらいまでの小児期と、高齢者に見られる病気で、20代から60代までの人も一定の割合で発病します。 てんかんとは? てんかんの発作は、過剰な活動の始まり方から大きく2つに分類されます。1つは過剰な活動が、脳の一部から始まるタイプで部分発作と言い、もう1つは、発作の始まりから脳全体が過剰な活動に巻き込まれるタイプで全般発作といいます。...

統合失調症の障害者と一緒に働くときに知っておきたいポイントとは?

統合失調症の障害者と一緒に働くときに知っておきたいポイントとは?

統合失調症は、以前は精神分裂病と呼ばれていました。しかし、その病名から、精神が分裂していて何をするか分からない怖い病気といった間違った印象与え、病名そのものが差別や偏見を助長する原因となっていたため2002年に統合失調症という病名に変更されました。 統合失調症とは 統合失調症は、精神科入院患者の6割、通院患者の4分の1を占めており、精神科医療の主要な対象疾患となっています。また、日常生活や職業生活に支障きたす人も多いため、福祉や就労支援の対象になることが多い疾患としても知られています。...

無料メルマガ【企業向け】

無料メルマガ【障害者枠で働く】

Podcast 障害者雇用相談室

障害者雇用に関する質問に関して、問題解決方法や新たな視点をお伝えしています。

音声を聞く