【発達障害】注意欠陥・多動性(ADHD)の特性や困難さの感じ方

注意欠陥・多動性(ADHD)の症状から、学齢期の子どもをイメージしがちですが、大人の発達障害でもこの偏りを示す人は多く見られます。この偏りの原因は、脳内の情報伝達物質の不足と考えられています。 ここでは、注意欠陥・多動性(ADHD)の特性や特性が見られる例、困難さの感じ方についてみていきます。 3つの特性に注目して診断される 注意欠陥・多動性(ADHD)は、ケアレスミスや忘れ物、なくし物を頻発する「不注意」と、思ったことをすぐに行動に移す「衝動性」、落ち着いていることができない「多動性」といった3つの発達特性があります。...