精神障害者保健福祉手帳

精神障害と発達障害の基礎知識~障害の特徴と接し方のポイント~

精神障害と発達障害の基礎知識~障害の特徴と接し方のポイント~

精神障害の人が増えてきていると言われています。全国で在宅・施設入所あわせて320万人います。これは約40人に1人の割合になっています。また、近年その人数はさらに増加傾向にあります。 それは、平成30年4月から障害者雇用率に精神障害者も含まれるようになったからです。精神疾患により長期にわたり日常生活や社会生活への制約がある方に対しては、「精神障害者保健福祉手帳」が交付されます。 ここでは、精神障害者保健福祉手帳を交付される精神障害、発達障害の特徴と接し方のポイントについて詳しく見ていきたいと思います。...

精神障害者保健福祉手帳の取得方法や判断基準とは?

精神障害者保健福祉手帳の取得方法や判断基準とは?

精神障害者の雇用が増加しています。しかし、一言で精神障害といっても、クリニックや病院に通っている精神障害を抱えている人が、障害者雇用にカウントされるわけではありません。 障害者雇用にカウントされるために必要なことや、精神障害者保健福祉手帳(以下、精神障害者手帳)の取得方法や判断基準について説明していきます。 障害者雇用のカウントには手帳が必要 企業では一定数の従業員がいると、障害者雇用を行なう責任があります。障害者雇用のカウントの基準となるのは、障害者手帳を所持しているかどうかです。...

無料動画プレゼント

無料メルマガ【企業向け】

無料メルマガ【障害者枠で働く】

Podcast 障害者雇用相談室

障害者雇用に関する質問に関して、問題解決方法や新たな視点をお伝えしています。

音声を聞く

障害者雇用の無料動画