事例

特例子会社は障害者雇用に役立つのか~制度や仕組み、メリット・デメリットについて考える~

特例子会社は障害者雇用に役立つのか~制度や仕組み、メリット・デメリットについて考える~

特例子会社とは、どのようなものか知っていますか? 日本の障害者雇用は、「障害者の雇用の促進等に関する法律(障害者雇用促進法)」に基づいて行われています。この法律の中では、障害者法定雇用率が定められており、事業主には身体障害者・知的障害者・精神障害者の雇用が義務づけられています。 しかし、業種や企業の規模、その他の状況により、障害者雇用を進めるのが難しい状況の企業も少なくありません。そのような場合に、特例子会社が設立されることがあります。 特例子会社制度のしくみ...

障害者をテレワークで雇用する~業務の切り出し方のポイントと雇用の事例~

障害者をテレワークで雇用する~業務の切り出し方のポイントと雇用の事例~

テレワークは、健常者はもちろんですが障害者にとっても障害や疾病の特性等に応じて活躍できる環境の中で能力を発揮する働き方の一つとして注目されています。例えば、通勤が困難な障害者でも、パソコンやインターネット等を活用して在宅で勤務するという機会は、障害者の能力に応じた働き方の可能性や就労機会を広げるものとなります。...

はじめて精神障害者雇用に取り組んだ中小企業が職場定着に成功したポイントとは?

はじめて精神障害者雇用に取り組んだ中小企業が職場定着に成功したポイントとは?

企業での障害者雇用および職場定着を進めるため、独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構は、毎年、雇用管理や職場環境の整備などさまざまな改善・工夫を行った障害者雇用職場改善好事例を募集し、優秀な事例を表彰しています。 平成30年度は、精神障害・発達障害者の雇用促進・キャリアアップに取り組んだ職場改善好事例が募集され、「精神障害・発達障害のある方の雇用促進・キャリアアップに取り組んだ職場改善好事例集」として選ばれました。...

職場定着に課題、中央省庁雇用水増し発覚後に採用した障害者131人離職 

職場定着に課題、中央省庁雇用水増し発覚後に採用した障害者131人離職 

昨年発覚した中央省庁の障害者雇用水増し問題を受けて、障害者枠での国家公務員採用試験が行われ、多くの障害者が働き始めています。それでも中央省庁の障害者雇用率は未達成の省庁が多く、今年末までに約4,000人を採用する方針を示しており、今年度の国家公務員試験の要項も発表されていました。 このような状況の中で、厚生労働省は30日の参院厚労委員会で、28行政機関が昨年10月から新たに採用した2,518人のうち、16機関の131人がすでに離職したことを明らかにしました。...

厚生労働省の進めている障害者テレワーク(在宅勤務)とは?

厚生労働省の進めている障害者テレワーク(在宅勤務)とは?

障害者雇用に限らず働き方改革が進められ、在宅勤務や多様な働き方が受け入れられつつあります。厚生労働省は、障害者雇用の分野でも、障害者の多様な働き方の推進や職場で働くことが難しい障害者の雇用機会を広げていく目的のため、障害者を対象としたテレワーク(在宅勤務)の推進について平成28年度からモデル事業を進めてきました。...

若年性認知症を雇用するときに活用できる支援サービスとは

若年性認知症を雇用するときに活用できる支援サービスとは

認知症は、一般的には高齢者に多くみられますが、65歳未満で発症した場合、「若年性認知症」とされます。若年性と高齢者での認知症の病理的な違いはありません。 若年性認知症の推定発症年齢の平均は51歳程度と若く、本人や家族、就労などの社会的な問題が発生しやすくなります。また、若年性認知症の症状には、直前のことを忘れてしまう記憶障害や抑うつなどがあるため、発症後の早い段階で適切な支援につなげることが重要となっています。 ここでは、若年性認知症についてや雇用事例、どのような支援機関が活用できるのかについて説明していきます。...

障害者アスリート雇用をしている企業の事例~エイベックス、Yahoo! JAPAN~

障害者アスリート雇用をしている企業の事例~エイベックス、Yahoo! JAPAN~

2020年東京オリンピック・パラリンピック開催で、障害者スポーツに対する関心が高まってきています。一方で、障害者スポーツの認知度は高まっているものの、競技人口やそれをサポートする関係者、活動を運営する資金も少ないといった非常に厳しい状況にあります。 障害者アスリート雇用を行うことによって、企業は障害者雇用率のアップ、障害者雇用に対する社員への理解促進、広報活動等のメリットが考えられます。また、企業側だけでなく、アスリート社員にとっても、競技環境を確保したり、仕事と競技活動の両立を行えるというメリットがあります。...

障害者雇用におけるテレワーク・在宅就業障害の実情と助成金について

障害者雇用におけるテレワーク・在宅就業障害の実情と助成金について

働き方改革がすすめられてきて、「テレワーク」という制度が従業員の働き方だけでなく、企業の在り方を変革する取り組みとして注目されてきています。 ここでの「企業の在り方」とは、業務上のコスト削減、生産性向上、危機管理などの経営上の課題だけでなく、自社の優秀な社員がその能力を十分に発揮し、長期間働き続けられるような「働き方改革」を実現する取り組みです。 一般の社員はもちろんですが、障害者雇用の中でもこのテレワークを活用した在宅就業の事例が増えてきています。障害者のテレワーク、在宅就業について見ていきます。 テレワークとは...

職場における発達障害者のための合理的配慮の具体的な事例

職場における発達障害者のための合理的配慮の具体的な事例

職場で発達障害のある人を受け入れるときに、発達障害の特性については、ある程度知識として学ぶことはできますが、なかなかイメージがわきにくいと言われる担当者の方もいらっしゃいます。 具体的な事例から、どのように合理的配慮を行えるのか見ていきましょう。 発達障害の特性 まず、発達障害の自閉症スペクトラム、ADHD、LDの主な特徴を見ていきましょう。 自閉症スペクトラム 自閉症スペクトラム(ASD)は、“Autism Spectrum Disorder (Disability)”...

無料メルマガ【企業向け】

無料メルマガ【障害者枠で働く】

Podcast 障害者雇用相談室

障害者雇用に関する質問に関して、問題解決方法や新たな視点をお伝えしています。

音声を聞く