障害者雇用ドットコムの事業内容

事業内容

障害者雇用コンサルティング

対象

・はじめて障害者雇用を行なう企業
・現在、障害者雇用をしているが、なんらかの課題(業務の切り出しがうまくいかない、社内に障害者雇用の理解が得られない、職場定着しない、スタッフの育成がうまくいかない、新規事業を立ち上げたいなど)をお持ちの企業

内容

障害者雇用の法制度や現状を知るとともに、所属されている組織内でどのように障害者雇用を進めていくのかをグループワークやディスカッションを通してスケジュールや方針を作成し、実践するまでのサポートを行ないます。

個別のニーズに合わせてコーディネートいたしますが、はじめて障害者雇用を行なう企業向けの例を下記にあげます。
・障害者雇用の法制度と現状
障害者雇用にかかわる法律を学ぶとともに、雇用市場についての現状を知り、雇用方法を考えていきます。
・社内理解の深め方
障害者雇用を推進していくためには、特定の部署や人物だけが取組むのではなく、企業や組織全体で取り組んでいくことが大切です。どのように社内理解を深めていくことができるのかを考えていきます。
・障害者雇用の業務の切り出し方
企業の規模、業種にあわせた業務の切り出し、組み方を学びます。
・障害者雇用の現場を知る
実際に障害者雇用をしている企業の実践例を見学して、業務の組み立て方やどのような業務を行っているのかを見ていきます。
・障害理解
障害の特性や配慮できること、業務を一緒に行なう上でしっておきたいポイントをお伝えします。
・障害者の採用
実習から採用までの流れや面接で気をつけること、家庭や支援機関との連携について見ていきます。また、欲しい人材を見つけるためにどのように支援機関や職業訓練機関、学校等を活用できるのかについてもお伝えしていきます。
・職場定着、人材育成、リスク管理
障害者を雇用して終わりではなく、障害者を雇用してからがスタートです。職場定着するためにどのようなことができるのか、人材育成、リスク管理について考えていきます。
・助成金や活用できる制度
障害者雇用で活用できる助成金や制度はいくつかありますが、どれも企業が自ら申請することが必要になってきます。タイミングを間違うと、活用できない助成金などもありますので、注意が必要です。

特例子会社設立サポート

対象

・特例子会社を行なう予定のある企業

内容

特例子会社をつくるのに大切なことは、特例子会社を設立することと共に、親会社になる経営者の理解や合意形成です。特例子会社の設立準備から実際に立ち上げるまでのサポートを行ないます。
・現状把握(スケジュールや現在の雇用率、想定している職場環境・雇用条件・職域など)
・特例子会社の事業計画作成
・経営者層への理解、合意形成
・ハローワークや就労支援機関等への情報提供、協力依頼
・他の特例子会社、地域障害者職業センター、特別支援学校、就労移行支援事業所などの見学
・実習、採用活動(職場実習に必要な手続き、社内への周知、求人票の作成、関係機関への連絡、面接など)
・業務内容の選定、働く環境の整備
・職場定着、雇用管理
・利用可能な制度(助成金など)

障害者雇用に関する研修(社員向け、当事者向け、行政・団体向け)

対象

・はじめて障害者雇用を行なう企業
・現在、障害者雇用をしているが、なんらかの課題(業務の切り出しがうまくいかない、社内に障害者雇用の理解が得られない、職場定着しない、スタッフの育成がうまくいかないなど)を持つ企業
・障害者雇用の現状を知りたい自治体、団体
・障害者雇用を進めたい自治体、団体

内容

・障害者雇用を行なうのに必要なプロセスとポイント
・障害者雇用の現状と雇用の実践
・実際に障害者と一緒に働く時に知っておきたいポイント
・障害による特性とその対応方法
・社内の障害者雇用を進めるためにできること
・社会人として求められる基本的マナーとルール
・組織で障害者雇用に取組むためのマネジメントと考え方

事業計画講座

対象

・新規事業のアイデアがあるが、プランへの落とし込み方が分からない企業、団体
・障害者雇用を見据えた新規事業の立案をおこないたい企業、団体
・世の中が必要としているものは分かるけど、実現方法が分からない企業、団体

内容

事業計画の作成、ブラッシュアップとして、以下の内容を行ないます。
・アイデア出し、ターゲット顧客設定、商品・サービス設定
・事業理念、事業ビジョン、ビジネスモデル定義
・競合対比と差別化、ビジネスプロセス定義
・サービスシーンのストーリー化によるイメージ付け
・マーケティングプランの作成
・事業収支作成
・事業リスク、立ち上げ体制などの全体まとめ
・事業計画の発表

※ 基本はそれぞれの企業、団体で講座を受講し、事業計画を作成いただきますが、作成自体が難しい場合には、ヒアリングを通して一緒に事業計画を作成していくこともできます。

WEB情報発信、WEBマーケティング

対象

・WEBを通して情報発信を行いたい企業、団体
・WEB関連の障害者の業務を切り出したいと考えている企業、団体

内容

・WEBに関する情報発信のコンサルティング
・WEB情報発信のツールの使い方、サポート

就職サポート(当事者向け)

対象者

・障害者手帳を持っており、就職活動をしているけれど、思うように活動できていない方
・どのように就職活動をしていけばよいかわからない方
・履歴書や職務経歴の書き方がわからない方
・面接でどこまで障害について話してよいか悩んでいる方

内容

就職活動をするにあたって知っておくべき基礎基本について、テキストから学んでいきます。内容は、以下になります。
・精神障害者の雇用の現状
・一般就職状況との比較
・仕事の探し方
・障害をオープンにすることのメリット、デメリット
・応募書類(履歴書、職務経歴書)の基本的な書き方とより魅力的にするための方法
・面接時のポイント
・内定後の対応
・支援機関とのつきあいかた

コンサルタント

松井 優子

学歴

立命館大学経営学部卒業
多摩大学大学院情報経営学科 博士前期課程修了(MBA)
筑波大学大学院教育研究科 修士課程修了
筑波大学大学院人間総合科学研究科 博士後期課程修了(生涯発達科学Ph.D.)

職務経歴

障害者雇用に携わって15年になります。民間の教育機関において知的・発達障害の教育、就労支援に携わったあと、特例子会社2社で勤務経験があります。そのうちの1社には立ち上げから関わり、社内理解や業務の切り出し、障害者やスタッフの採用・育成、助成金の申請など、事業部長、雇用支援室長等を務め、障害者の雇用や新規事業開発などの幅広い業務に携わってきました。

また、障害者雇用をはじめて行なう企業のコンサルティングや実習サポート、就労移行支援事業所のスタッフ研修や福祉団体、NPO等の事業計画策定、行政からの障害者雇用に関する調査の受託事業責任者、国立特別支援教育総合研究所の主任研究員などの経験を通して、障害者雇用や障害福祉、障害児教育に加え、事業計画、運営とあらゆる面から関わってきました。

事業計画作成は、NEC社会起業家塾(ETIC.主催)、成功確率を高めるための事業計画研究部会(関東ニュービジネス協議会主催)、事業計画立案セミナー(エムアウト主催)に参加しながら、実践を積み重ねてきました。所属先の事業計画はもちろんですが、新規事業のビジネスコンテストにも多数応募し、事業助成や研究助成をいただいてきました。

・コムケア資金助成プログラム(2004年10月~2005年9月)
Temple マスター 寺の清掃業務をビジネス化する、事業運営費として助成金を受ける
・倶進会 事業活動助成(2005年4月~2006年3月)
軽度発達障害に関する理解促進セミナー、セミナー運営費として助成金を受ける
・三菱財団 研究助成(2006年7月~2007年6月)
発達障害者の就労支援ビジネスモデルの基礎研究、研究助成として助成金を受ける
・倶進会 研究助成(2014年10月~2015年9月)
企業内ジョブコーチの職務分析に関する研究、研究助成として助成金を受ける
・公益財団法人ひと・健康・未来研究財団(2014年11月~2015年10月)
知的障害者とともに働く従業員の役割と職務満足感に関する研究、研究助成として助成金を受ける
・ユニベール財団研究助成申請書(2014年11月~2016年3月)
知的障害者とともに働く従業員に求める経験、資質に関する研究、研究助成として助成金を受ける

障害者の教育・就労支援、雇用と送り出す側、受け入れる側、また研究者として関わった経験を活かし、障害者雇用や障害者雇用を視野に入れた新規事業開発や人材開発、人材育成、組織活性化のコンサルティング及び研修講師を務めています。研修企画・講師の実績が多数あります。

また、その他の活動としては、聖学院大学人間福祉学部非常勤講師(平成29年度)や東京情報大学看護学部非常勤講師(平成30年~)、公益財団法人東京しごと財団「障害者雇用実務講座」の実践演習コース研修講師(平成25年度~)、横浜市障害者就労推進委員(平成27年度)などがあります。

著書・論文

・「ヒトがいきる経営」第8章「企業における障害者雇用の現状と推移 モジュール化による業務設計をめぐって」(2008)、学文社
・「企業の障害者雇用を促進するための戦略的研究」第3章「大企業における障害者雇用 -特例子会社をめぐって-」(2007)、横浜市立大学平成18年度地域貢献促進費課題採択研究
・「知的障害者を雇用する特例子会社の現状と課題」(2011)、発達障害研究33巻4号
・「知的障害者を雇用する特例子会社で働く雇用管理者の意識変容課程」(2015)、リハビリテーション連携科学16巻1号
・「特例子会社における組織運営」(2017)、発達障害研究39巻4号
・「米国における通常の学校での多層的な支援の実際」(2017)、特別支援教育No67
・「特例子会社における知的障害者とともに働く同僚・上司の職務満足感に関する研究」(2018)、発達障害研究33巻4号
「タイ教育省主催「特別支援教育に関する国際シンポジウム」の報告 障害児教育と障害者就労の現状と今後の課題」(2018)、国立特別支援教育総合研究所ジャーナル 第7号
「日本における知的障害者の就労の動向と課題に関する文献研究」(2018)、国立特別支援教育総合研究所研究紀要第45巻
・「精神障害者が職場定着するために必要なポイント:企業、支援機関の視点から」(2018)、リハビリテーション連携科学第19巻1号

お問い合わせはこちらまで

障害者雇用ドットコム