判断基準

身体障害者手帳の取得方法や判断基準とは?

身体障害者手帳の取得方法や判断基準とは?

身体障害者手帳は、身体障害者福祉法に基づいて、障害程度に該当することが認定された人に交付されるものであり、各種の福祉サービスを受けるために必要となるものです。 ここでは、身体障害者手帳の取得方法や判断基準、障害者手帳を持っていることで受けられるサービスなどについて説明しています。 身体障害手帳の取得ができる基準とは? 障害者雇用促進法で、企業では従業員の人数に応じて、障害者雇用を行なう責任があります。この障害者雇用のカウントの基準となるのは、障害者手帳を所持しているかどうかです。...

現場で難しい「合理的配慮」の判断の対応策とは?

現場で難しい「合理的配慮」の判断の対応策とは?

障害者差別解消法は、行政機関や事業者に、障害者から支援を求められた際に対応する「合理的配慮」を義務づけています。内閣府では、合理的配慮の具体例などを示していますが、障害者のニーズや状況はさまざまです。また、不慮の事故で責任を問われる可能性もあり、現場で悩む人も少なくありません。 ここでは合理的配慮とはどのようなものなのか、合理的配慮の範囲はどこまでかと悩む現場での困り感をなくすためにどんな対策ができるのかについて考えていきたいと思います。 合理的配慮とは...

精神障害者保健福祉手帳の取得方法や判断基準とは?

精神障害者保健福祉手帳の取得方法や判断基準とは?

精神障害者の雇用が増加しています。しかし、一言で精神障害といっても、クリニックや病院に通っている精神障害を抱えている人が、障害者雇用にカウントされるわけではありません。 障害者雇用にカウントされるために必要なことや、精神障害者保健福祉手帳(以下、精神障害者手帳)の取得方法や判断基準について説明していきます。 障害者雇用のカウントには手帳が必要 企業では一定数の従業員がいると、障害者雇用を行なう責任があります。障害者雇用のカウントの基準となるのは、障害者手帳を所持しているかどうかです。...

無料メルマガ【企業向け】

無料メルマガ【障害者枠で働く】

Podcast 障害者雇用相談室

障害者雇用に関する質問に関して、問題解決方法や新たな視点をお伝えしています。

音声を聞く

人気の投稿

障害者雇用の企業名公表はどのようにリスクになるのか
障害者雇用納付金制度の概要をわかりやすく解説
障害者雇用促進法の概要をわかりやすく解説
障害者職業能力開発校とは?~職業訓練の種類や採用・雇用の留意点~
はじめて障害者雇用に取り組む企業がおさえておくべき7つのポイント
障害学生のためのオンライン企業説明会~新型コロナ対応 21年卒、第2新卒の就職活動に~
農林水産省が農福連携等応援コンソーシアムを設立
【東京都・中小企業対象】障害者雇用のテレワークに活用できる事業継続緊急対策助成金とは
eラーニングで学べる精神・発達障害者しごとサポーターの内容とは
【求職者向け】ハローワークのサービスがリニューアル 「求職者マイページ」の活用方法