特例子会社を設立することのメリット・デメリットとは

syougaisya

障害者雇用率制度では、障害者の雇用は、それぞれの事業主ごとに義務づけられています。平成25年4月からは2.0%の雇用、つまり従業員50人に対して1人の障害者雇用をすることが定められています。しかし、企業によっては業種や規 […]

続きを読む

障害者雇用の企業担当者がおそれる社名公表とは

障害者雇用の社名公表

なぜ企業は障害者雇用をしなければならないのか 障害者雇用をおこなうことが法律で定まっている 民間企業では、「障害者の雇用の促進等に関する法律」(障害者雇用促進法)に定める法定雇用率を上回る障害者を雇用することが定められて […]

続きを読む

障害者雇用で現場実習を行うメリット

残念な障害者雇用

障害者雇用を行なうまで、いろいろなセミナーに出席したり、社内の理解を深めたり、採用するための人材を紹介してもらうよう特別支援学校や就労移行支援機関を回ったりと、たくさんの準備を重ねて、やっと採用に至った企業の人事の方から […]

続きを読む

企業における障害者差別の禁止と合理的配慮の対応方法

障害者の合理的配慮

平成28年4月に障害者差別解消法と改正障害者雇用促進法が施行されました。この法律では、全ての企業での雇用現場において、事業主が雇用する障害者へ合理的配慮の提供を行うことが義務化されます。 平成30年には精神障害者の雇用義 […]

続きを読む

なぜ、企業は障害者雇用をしなければならないのか

障害者雇用に関する悩み

日本の障害者雇用の現状 近年、企業における障害者雇用に注意が向けられつつあります。日本における障害者雇用は、「障害者の雇用の促進等に関する法律」により、事業主が一定数の障害者を雇用するように定められています。 平成25年 […]

続きを読む

ジョブコーチ(職場適応援助者)の活動と役割とは

障害者のジョブコーチ

ジョブコーチ(職場適応援助者)支援事業は、職場にジョブコーチが出向き、障害特性を踏まえた直接的で専門的な支援を行い、障害者の職場適応、定着を図ることを目的としています。 ジョブコーチの今までの経緯や、ジョブコーチになるた […]

続きを読む

知的障害者を雇用するために工夫できるポイントとは

障害者雇用のサポート

障害者雇用するということは、障害者手帳を持っている人を雇用する必要があります。障害者手帳には、身体、知的、精神とあります。障害者と普段接する機会が少ない企業の人事担当者と話していると、「うちの会社には知的障害者の人ができ […]

続きを読む