一緒に働く アーカイブ - 障害者雇用ドットコム

一緒に働く

【職場で一緒に働く】精神障害の特徴と接し方のポイント

【職場で一緒に働く】精神障害の特徴と接し方のポイント

精神障害は、特別な人がかかるものではなく、だれでもかかる可能性のある病気です。人間は生きていると、さまざまなスト レスや困難なことにぶつかることがあります。多くの場合は、そうした状況から回復しますが、いくつもの問題が重なり合うと、心のコントロールがうまくいかずに、精神疾患になることもあります。 ここでは、障害者雇用の対象となる精神保健福祉手帳の対象となる主な精神障害の症状と特徴、接し方のポイントについて見ていきます。 精神障害者は思っているよりも身近にある?...

聴覚障害者と一緒に働くときに知っておきたいポイントとは?

聴覚障害者と一緒に働くときに知っておきたいポイントとは?

聴覚障害とは、聞こえに何らかの障害があって、音声情報が全く聞こえないか、あるいは聞き取りにくい状態のことをいいます。障害状況はさまざまですが、聴覚障害のない人が耳を塞いで体験する聞こえにくさとは全く違うものです。 また、聞こえないという障害だけでなく、それによる影響、例えば、コミュニケーションの困難さや情報が得られないことから発生する問題についても職場の中で理解する必要があります。聴覚障害の困難さや職場でできる配慮について見ていきましょう。 聴覚障害とは...

発達障害者(LD)と一緒に働くときに知っておきたいポイントとは?

発達障害者(LD)と一緒に働くときに知っておきたいポイントとは?

発達障害(LD)は、読み書き計算など特定のことが極端に苦手な場合があります。具体的にどのような特性や苦手さがあるのかについて説明するとともに、職場でどのような状況が見られるのかについて、イメージできやすいように解説しています。加えて、職場でどのような配慮ができるのかを見ていきます。 発達障害(LD)とは LDはLearning Disorders、Learning Disabilityの略で、学習障害と呼ばれています。全体的には知的な遅れはないものの、読み書き計算など特定の課題の学習に大きな困難がある状態のことを指します。...

発達障害者(自閉症スペクトラム)と一緒に働くときの配慮とは?

発達障害者(自閉症スペクトラム)と一緒に働くときの配慮とは?

発達障害にはいくつかの種類がありますが、その1つである自閉症スペクトラムは先天的な脳機能障害として、自閉症やアスペルガー症候群のカテゴリーの中に含まれています。 ここでは、自閉症スペクトラムの特性や雇用について、職場で行える配慮について説明しています。 発達障害(自閉症スペクトラム)とは 発達障害の自閉症スペクトラムASDは”Autism Spectrum Disorder (Disability)”...

精神障害者と一緒に気持ちよく働くためにできる職場づくりとは?

精神障害者と一緒に気持ちよく働くためにできる職場づくりとは?

障害者雇用が進んで、障害者と一緒に働く機会が増えています。しかし、事前に障害者のことをよく知らないと、一緒に働く人は戸惑うことが多いようです。 ある職場で、障害者と一緒に働いている人の声です。 現在、職場で障害者(知的・身体・精神)と一緒に働いています。知的障害者の方は軽作業、身体・精神障害者の方は、基本的には健常者と同じ事務仕事をしています。 知的・身体障害者の方とは、仕事の仕方を色々工夫しながら、上手く協力して仕事をしていますが、精神障害者の方だけ、上手く協力体制が築けません・・・。...

【企業向け】無料動画プレゼント

YouTube

Podcast 障害者雇用相談室

障害者雇用に関する質問に関して、問題解決方法や新たな視点をお伝えしています。

音声を聞く

障害者雇用支援サービス

無料メルマガ【企業向け】

無料メルマガ【障害者枠で働く】