障害者雇用の改善が見られない企業名の公表

平成28年度における障害者の雇用の促進等に関する法律に基づく企業名公表が行われました。今年度は2社の社名公表が行われました。

続きを読む

障害者雇用の給与等の雇用条件をどのように決めたらよいか

障害者雇用をはじめる企業の担当者の方からよく聞かれるのが、障害者の賃金体系や勤務形態に関する雇用の条件面に関することです。しかし、「給与はいくらです」とは、なかなか答えられる質問ではありません。これらの雇用条件は、雇用するそれぞれの企業でよく検討してから決めていただきたい点です。

障害者雇用をスタートするときによく薦められるのが、障害者雇用をすでに行っている他の企業を見学することです。実際に障害者雇用をしている企業やハローワーク、労働局などの行政からも薦められることがあります。

これはメリットがある一方、気をつけなくてはならない点もあります。続きを読む

障害者雇用するときに考えたい雇用条件とは

障害者雇用を行う際には、雇用条件を提示する必要があります。雇用条件は、一般の雇用と同じように、雇用してから状況をみて変更するということは、かなり難しいことです。そのため、あらかじめいろいろな状況を想定して、障害者雇用を始めるときに、雇用条件を提示する必要があります。
続きを読む

多数の知的障害者雇用をしている日本理化学工業の強さとは

障害者雇用で有名な日本理化学工業、どうして障害者雇用をはじめられたのか、従業員の半数以上が知的障害者という中で雇用するためにどのような工夫をしているのか見ていきたいと思います。
続きを読む

障害者の仕事のモチベーションを高める方法とは

障害者雇用をはじめてしばらく経つと、はじめは緊張しながら仕事をやっていたものの、慣れてくると次第に手を抜いてしまったり、気になるところが見えてくる企業の担当者の方は少なくありません。

実習中はあんなに一生懸命仕事をしてくれていたのに、今は・・・と感じてしまうことがあるなら、仕事のモチベーションについて見直す機会にしてみましょう。
続きを読む

社内における障害者雇用の理解を深める方法とは

企業内で障害者雇用を進めていくときに、担当者が頭を悩ますことのひとつに、社内へどのように障害者雇用について周知や理解をどのように進めていけばよいかという点があります。

障害者雇用は総論賛成、各論反対になりやすい問題ですが、担当部門や担当者だけが頑張るのではなく、組織として取り組むことが大切です。社内で障害者雇用を進めていく方法について考えてみたいと思います。
続きを読む

特例子会社を設立することのメリット・デメリットとは

障害者雇用率制度では、障害者の雇用は、それぞれの事業主ごとに義務づけられています。平成25年4月からは2.0%の雇用、つまり従業員50人に対して1人の障害者雇用をすることが定められています。しかし、企業によっては業種や規模などの様々な理由から、障害者雇用をすすめるのが現実的には難しい状況にある企業もあります。
続きを読む

障害者雇用で現場実習を行うメリット

障害者雇用を行なうまで、いろいろなセミナーに出席したり、社内の理解を深めたり、採用するための人材を紹介してもらうよう特別支援学校や就労移行支援機関を回ったりと、たくさんの準備を重ねて、やっと採用に至った企業の人事の方から、たまに残念な話を聞きます。

それは、「採用前に考えていた人材と違う・・・」と感じる企業の人事の方がいることです。もちろん一般の採用でも、書類選考や面接だけではわからないことも多く、採用してから「思ったよりも○○(マイナスイメージ)だな・・・」と感じることはあるかもしれません。
続きを読む